ネット界の“旬”なニュースをお届け!

なでしこ敗退「戦犯探しやめよう」

2016.03.10 THU

噂のネット事件簿


リオ五輪出場を果たせなかったなでしこジャパン。今後の世代交代はうまくいくか? ※この画像はサイトのスクリーンショットです
リオデジャネイロ五輪への出場権を逃した「なでしこジャパン」ことサッカー女子日本代表チーム。8年間チームを率いてきた佐々木則夫監督は退任が確実だと報じられている。また、キャプテンのMF宮間あやも代表引退が噂されている。

最終予選の第4戦となるベトナム戦を前にして、五輪出場の可能性が消えたなでしこジャパン。スポニチアネックスでは「なでしこ落日」として、その問題点を検証する緊急連載を開始。第1回では、「なでしこ佐々木監督『俺をバカにしている』 ロンドン五輪後に求心力急降下」というタイトルで、佐々木監督と選手とのあいだに大きな溝があり、チームが機能しなかったと分析している。

また、日刊スポーツでも「凋落なでしこ」として同様に連載を開始。第1回では「なでしこ澤引退で分裂敗退 宮間と若手に溝」とキャプテン宮間と若手選手のあいだの溝が敗退の要因だったと分析した。

佐々木監督と宮間あやという2人の功労者が“戦犯”とされている現在のなでしこジャパン。ネット上ではそんな論調に反対する意見も多い。ツイッターでは、

「宮間と佐々木監督を戦犯にする気なのか。それで一時は問題を解決した気になるのかな? 準備不足や戦術面を批判するならまだしも完全に個人攻撃やん」
「宮間が悪いとか佐々木監督が悪いとか澤がいなかったとか、なでしこ敗退の原因を個人に求めようとしてるみたいだけど、それをやってると低迷が長引くかも」

などと、佐々木監督であれ宮間であれ、敗戦の責任を個人にかぶせることに異を唱えるネットユーザーが多かった。

また、佐々木監督や宮間といった功労者がなでしこから去っていくことについては、

「『栄光のなでしこ』の立役者達が次々と表舞台から消えていく。 世代交代は上手く行くだろうか。 日本女子サッカー冬の時代の予感がする」
「佐々木監督退任で、宮間も引退かよ…… 今年は大変だ、なでしこ」
「澤選手が抜けて宮間選手に頼りきりだったとか言われてるのに、この後のなでしこは大丈夫かな」

と、今後を心配する声も多く、まだまだ佐々木監督や宮間の力が必要だと感じているサッカーファンも少なくなさそうだ。

現在、スポーツ各紙では佐々木監督の後任としてU-20女子代表の高倉麻子監督が有力候補だと報じられている。若手選手を育ててきた監督ということで世代交代には適任といえそうだが、果たしてどうなるか。
(奈波くるみ)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト