ネット界の“旬”なニュースをお届け!

『3月のライオン』神木主演を賞賛

2016.03.19 SAT

噂のネット事件簿


監督は神木が『るろうに剣心』でもタッグを組んだ大友啓史 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
羽海野チカによる人気マンガ『3月のライオン』(白泉社)の実写映画化(前後編2部作で2017年に全国公開予定)にあたり、神木隆之介が主演を務めることが発表され、ネット上には「ぴったり!」という声が溢れている。

『3月のライオン』は、幼い頃に交通事故で両親と妹を亡くした17歳のプロ棋士・桐山零が、川本あかり・ひなた・モモの三姉妹との交流や、幾多の対局を経て、成長していく姿を描いたもの。

これまでもファンの間では「桐山零には神木しかいない」と推す声が多く、昨年神木が『バクマン。』でメガネの高校生を演じた際には、風貌が似ている桐山にピッタリとする声はますます強くなっていた。そして今回、配役が神木ということが実際に発表されると、

「やったーー!!!!!!!ぴったりだよ!」
「おー、、、これはわかってる。イメージぴったりですな。」
「わ~、神木くんはぴったりじゃない?マンガや小説の実写化ってあまり好きじゃないんだけど、これはちょっと楽しみになってきたかも…」
「れいくん、神木くんだとぴったり過ぎて、楽しみ倍増(*^ω^*)」

と、ツイッター上は喜びの声一色。神木本人がTwitterに投稿した、

「原作も大好きなのでプレッシャーも大きいですが、とても楽しみです!
ひたすら頑張ります」

というツイートにも、

「神木くんにやって欲しいと思ってたので嬉しいです(*^o^*)」

などと歓迎する声が殺到し、2万以上の「いいね」がつけられている。また、こうなると気になるのが他の登場人物で、

「ひなた誰なんだ!!一番重要だぞ!!」
「あかりさんとひなたは誰がやるのかなあ(^^;;あかり役は綾瀬はるかが推しだけどw ---」
「おおあ…!正直次に大事なの川本家三姉妹だと思うので、特にあかりさんとひなたが気になる」

など、三姉妹の配役を気にする声も続出。あかりには綾瀬はるか、宮崎あおい、倉科カナらの名前が、ひなたには広瀬すず、黒島結菜、中山莉子といった名前が見られる。

熱心なファンが多いマンガであればあるほど、配役には賛否がつきまとうものだが、主演が神木とあって、他の配役への期待も一気に過熱しているようだ。

(花賀 太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト