ネット界の“旬”なニュースをお届け!

巨人3連勝「賭博事件のおかげ説」

2016.03.28 MON

噂のネット事件簿


開幕3連勝を飾った巨人。3試合目では4番に座った新外国人ギャレットが逆転2ランを放った ※この画像はサイトのスクリーンショットです
3月25日に開幕したプロ野球。様々な騒動があった読売巨人軍だが、昨シーズンのセ・リーグ覇者であるヤクルトに3連勝し、スタートダッシュに成功した。

高橋由伸新監督にとっては苦難だらけのスタートとなった今季。昨年11月に福田聡志、笠原将生、松本竜也の3選手が野球賭博に関与していたことが発覚。また、開幕直前の3月に高木京介も野球賭博に関わっていたことが明らかになった。さらに、“円陣での声出し”(※)など、様々なかたちで金銭のやり取りがあったことも判明している。
※円陣で「声出し」を担当した選手に、該当試合で勝利すると13万円程度支払われていた、という事案

そのほかにも、元巨人の清原和博が覚醒剤所持で逮捕。現役時代にも元巨人の同僚から覚醒剤を譲り受けていたとの報道もあり、巨人のイメージダウンは避けられない状況だった。

まさに逆風のなか迎えた高橋監督の初陣だったが、結果は見事3連勝。ツイッターでは、

「高橋巨人開幕3連勝めでたいね!由伸がんばれー」
「巨人3連勝か好発進だな 助っ人外人も良さげ」

と、祝福の声があがる一方で、

「気付いたら開幕してたけど、賭博問題どうなったの?巨人が普通にペナントレースに参加してて、しかも開幕3連勝ってスッキリしない」
「ただでさえ巨人は球界のヒールなのに賭博円陣なんやかんややらかしまくった後唯一開幕三連勝とかしたらむかっ腹が立つのも仕方ないといえば仕方ない」

と、どうも納得いかないという意見も多かった。

そんななか、野球賭博が発覚したから調子がよくなったという“説”も浮上している。

「巨人が賭博止めて野球に集中するようになった結果3タテした説好き」
「野球賭博が明るみに出て、これら一連の騒動が全て出て野球に集中出来る環境が整ったから巨人は開幕から3タテ出来て強いという風潮 しょうじきファンだけど好き」
「賭博騒動で緊張感産んだのかな。先は長いけど開幕三たては最近記憶にないので良いことだ」
「巨人逆に賭博と円陣問題の件でチームが一つにまとまってしまった可能性が」

と、騒動があったせいで、逆に野球に集中せざるを得ない状況が生まれ、いい結果につながったという意見が多いのだ。

悪いイメージを払拭するには、とにかく勝利という結果を残すことがいちばんなのは間違いないだろう。そういう意味では、賭博の発覚が奮起の材料になったといえるかもしれない。
(小浦大生)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト