Perfume下積み時代の活動拠点、ネットユーザー閉館惜しむ

アイドルの聖地が有終の美、神イベントにファン感激

2016.04.02 SAT

噂のネット事件簿


3月31日に閉館したサンストリート亀戸。公式サイトの「閉館のお知らせ」の文字が物悲しい ※この画像はサイトのスクリーンショットです
“アイドルの聖地”と呼ばれた東京・江東区のショッピングセンター「サンストリート亀戸」が3月31日に閉館した。ネット上では、多くのアイドルファンが惜別のメッセージを送っている。

1997年にオープンしたサンストリート亀戸は2階建てのショッピングモール。敷地内のマーケット広場にはステージがあり、そこで多くのアイドルたちがイベントを開催してきた。

特にこのステージでたくさんのイベントを開催していたのがPerfumeだ。広島から上京したばかりの2003年から2004年ごろ、Perfumeはサンストリート亀戸で毎週のように無料イベントを開催。いわば、下積み時代のPerfumeの活動拠点とも呼べる場所なのだ。

そして、マーケット広場で最後のアイドルイベントを開催したのはNegicco。3月30日にシングル「矛盾、はじめました。」の発売記念イベントを行うと、多くのアイドルファンが駆けつけた。ツイッターには、

「ありがとうサンストリート亀戸!!最後にNegiccoのライブを見ることができたのは絶対に忘れないと思います。。。」
「サンストリートということもあって、初期王道曲を結構やったし、MCたっぷりエモい感じだったし、最高だったなぁ」
「新曲だけでなく、懐かしい名曲もたくさん披露し、サンストリート亀戸18年間の歴史の幕に相応しい神イベントとなりました」

などと、イベントのレポートが投稿されており、優秀の美を飾るような素晴らしいイベントだったようだ。

また、イベントに参加しなかったネットユーザーからも、

「大学生の頃よく行ったんだよ亀戸サンストリート。 学校ついでに気軽に行けるトイザらスがあそこだったのもあり」
「サンストリートは、リリイベ(※)で何度か足を運んだ。楽しい思い出の場所の1つでした」
「サンストリート亀戸って、何度か女子プロ見に行った記憶があるなあ」
(※編集部注:CD等のリリース記念イベントのこと)

といった投稿が寄せられており、多くのネットユーザーがサンストリート亀戸との別れを惜しんでいる。

ちなみに、サンストリート亀戸の跡地には、商業施設1棟と60階建てのタワーマンション2棟の複合施設を建設する計画が進んでいるという。その商業施設に“アイドルの聖地”が再びできるかどうかはまったく不明だ。
(奈波くるみ)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト