実際の学長も白塗りメイクに挑戦する本気っぷり

本当に公式?日本福祉大学が“ヘビメタ”で新設学部PR

2016.04.27 WED

噂のネット事件簿


クドいようですがこれは「大学公式」のPRです ※この画像はサイトのスクリーンショットです
大学の学校紹介のサイトや動画といえば、お堅いモノになるのが当たり前。ところが日本福祉大学が、“へヴィメタル”を題材にしたプロモーション活動を展開。ホームページだけでなく、へヴィメタルを題材としたWEBドラマまで配信している。

日本福祉大学は、中部国際空港がある愛知県常滑市の南に位置する知多郡美浜町に本部を置く大学。1957年に誕生した同大学には、社会福祉学部、子ども発達学部、健康科学部、経済学部などが設置されているが、今回のPR活動は、来年4月に新たに設立される「スポーツ科学部(仮)」の魅力を伝えるためのものだ。

「スポーツ科学部(仮)」は、「スポーツを360°科学する」をコンセプトに、「トレーニング科学だけでなく、教育・文化・福祉・心理・医学・社会・経営など、あらゆる方向からスポーツと向き合い」学習・研究できるという学部。この指針は至って普通だが、「おいでよ!スポーツ科学部(仮)」と名付けられた一連のプロモーションはかなり“野心的”だ。特設サイトのトップページでは、オドロオドロしいヘヴィメタ風のミュージシャンがこちらを睨んでおり、サイト内では、

「日本音楽大学重低音学部という仮の大学・学部を舞台に、へヴィメタルバンドの成長を支える女子学生のWEBドラマ」(リリースより)

を公開。同大の二木立学長もデーモン小暮のようなヘヴィメタメイクで出演している。

ドラマには、同大の卒業生の俳優・温水洋一や、「1000年に2人目の美少女」を謳う岩手出身のアイドル・加村真美らが出演しており、4話に及ぶドラマは30分超の力作となっている。既存の大学紹介の概念から大きく外れた画期的なプロモーションは、今後ネットでも話題になりそうだ。
(金子則男)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト