「大型連休で逆に疲れる」会社員3人に2人

「GWボケ」に陥る人続出…治す方法は?

2016.05.08 SUN

噂のネット事件簿


できることなら、猫のようにずっとゴロゴロしていたいものだが、週明けには元の生活に戻らなくては…
長かったGWもいよいよ終わりが近づいてきた。「休みは楽しいけど、長過ぎて元の生活に戻れるか、連休明けが心配…」なんてビジネスマンも多いだろう。

GWに限らず、長期休暇明けに調子を取り戻せない人は多いものだ。昨年、R25が20~30代の男性会社員200人に行った調査では、「長期休暇明けに出社した時のコンディション」について、「リフレッシュして元気」と答えたのは33.0%で、残りの67.0%は「だらけて疲れている」と回答。楽な状態に慣れてしまうと、元の生活に戻すのが難しくなるのは多くのビジネスマン共通の悩みといえそうだ。

実際、連休の狭間の平日となった5月6日のTwitterには、

「休みボケで仕事のやり方忘れてる気しかしない」
「おはようございます。休みボケで眠いわ」
「アクビが止まらん、、、 gwボケ」
「GWボケが抜けないまま、出勤」

といったコメントが朝から続出しているほか、

「間違えて準急に乗ってしまった…完全に休みボケだわ」
「休みボケで定期も財布も忘れた~」
「磁気定期券を改札でピッてするGWボケ もちろん止められました」

など、何かをやらかしてしまった人も少なくないようだ。完全なGW明けとなる5月9日(月)を迎えると、より一層「GWボケ」報告が増えそうである…。

こういった休みボケは、自律神経の乱れからくることが多いようだ。心理カウンセラーの小高千枝さんは、『マイナビウーマン』の記事で、休みボケを仕事モードに切り替える方法として、「入眠、起床時の環境を『音』『光』『振動』を利用し整える」「朝、シャワーやストレッチをして身体に刺激を与える」という方法を紹介。質の高い睡眠の必要性を説いている。

また、質問サイト「Yahoo!知恵袋」で「休みボケ」というキーワードで検索してみると、

「GW明けでまだ仕事がだるいです。GWボケを治す方法を教えて下さい」
「冬休みボケで完全に昼夜逆転してしまいました…」

など、休みボケ解消法を尋ねる質問が数えきれないほどヒットするが、これには、

「毎朝決まった時間に起きて、全ての動作をなるべく丁寧にするようにして見てください。
こういう習慣の積み重ねが、怠け癖を退治します」
「無理してでも早起きをして、出来るだけ昼間は寝ないようにします。
そうすれば、最初は、晩、早い時間に眠気が襲われるので、そこでしっかりと寝て、次の日は、朝6時とかにして習慣付けるしかないです」

といった回答が寄せられている。これらを総合すると、休み中にも“規則正しい生活”を送ることが解消のカギとなるよう。残された時間はあと少し…不安な人は、最後の日曜はハメを外しすぎず、生活を整えることを意識してみては?
(花賀 太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト