「人の形を模した造形物」がトップスリーに

原体験は?子ども時代に恐怖したものTOP10

2016.05.17 TUE

データで読み解くぶっちゃけ世論調査 > 世論調査


想像力豊かな子ども時代。昼間に聞いた怖い話を思い出し、眠れなくなった経験がある人も多いのでは…? 写真:Choreograph / PIXTA(ピクスタ)
環境省が呼びかけるクールビズ期間も始まり、本格的な夏はすぐそこ。携帯扇風機やデオドラントシートなど便利な冷却グッズが店頭に並び始めたが、子どもの頃には、涼を取るためと称して仲間と「怪談話」や「肝試し」をした記憶がある方も多いのでは。今回は20~30代の男性会社員200人に、そんな記憶を呼び覚ます「子どもの頃に怖かったもの」を振り返ってもらった。

■子どもの頃に怖かったものTOP10
(19項目の中から1~3位まで選んでもらい、1位を3pt、2位を2pt、3位を1ptとして集計。R25調べ・協力/アイリサーチ)

1位 日本人形 210pt
2位 能面 120pt
3位 人体模型 103pt
4位 トイレ 98pt
5位 マネキン 64pt
6位 夜の電柱 61pt
7位 ピエロ 57pt
8位 井戸 55pt
8位 仏壇 55pt
10位 押入れの中 49pt

「日本人形」「能面」「人体模型」のトップスリーに加え、5位の「マネキン」、7位の「ピエロ」など、人型のものが続々とランクイン。「トイレ」や「押入れの中」など“密室”に恐怖を覚えた人も多いもよう。それぞれ理由も教えてもらった。

【1位 日本人形】
「髪が伸びそうだから」(22歳)
「なんか怖い話とかでもよく出てきたので気味が悪く感じていた」(30歳)
「表情が変わらないしこわかった」(31歳)
「ホラーの定番だったから」(31歳)

【2位 能面】
「突然動き出しそうでこわかった」(28歳)
「無表情だから」(35歳)
「能面は怖いでしょ。目がつり上ってて、鬼の形相」(39歳)

【3位 人体模型】
「体がリアルで動き出しそう」(25歳)
「内臓が見えて気持ち悪かった」(36歳)
「無機質な恐怖」(38歳)

【4位 トイレ】
「真っ暗なイメージ」(33歳)
「お化けが出そう」(36歳)
「ボットン便所でトイレに落ちるかと思っていたから」(37歳)

【5位 マネキン】
「無表情だから」(36歳)
「無機質な感じが死体の様だったから」(38歳)

【6位 夜の電柱】
「誰かが潜んでいそう」(26歳)
「薄ぐらい中で立っているので不気味」(28歳)
「人影に見えて怖かった」(36歳)

【7位 ピエロ】
「あの色とりどりの顔が怖かった」(32歳)
「殺されそう」(37歳)

【8位 井戸】
「得体の知れないものが入っていそう」(29歳)
「底が見えないので吸い込まれそうになって怖い」(36歳)

【8位 仏壇】
「幽霊が出そう」(26歳)
「そこに仏がいそうな感じがするので」(26歳)

【10位 押入れの中】
「お仕置きとして閉じ込められた時トラウマになった」(27歳)
「お化けがでてきそう」(30歳)
「狭くて暗い」(37歳)

テレビや映画などの「怖い話」の影響で…という意見のほかに、「無機質」「無表情」「得体が知れない」ものに背筋を凍らせたと答える人も多数いた。いずれも大人になった今も気味の悪さを感じるものばかり。今年の夏は子ども時代の恐怖を思い出して、涼しくなるのもよいかもしれない。

(藤あまね)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト