USJの人気アトラクション閉鎖に伴うオークションで珍事

デロリアンへの99.9億円入札が取り消しに

2016.05.18 WED

噂のネット事件簿


「デロリアン」の入札期限は5月31日まで。なお、99億9999円と入札した2名のうち1名はこれまでオークション履歴がない新規登録者のようだった ※この画像はサイトのスクリーンショットです
映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に登場する車型タイムマシン・デロリアンの実物大レプリカが、ヤフオク!で99億9999万9999円の値がつけられていたことが話題になった。

デロリアンは5月16日に出品されるや、17日には入札限度額とされる99億9999万9999円に到達。なお、出品代行サービス会社は、入札者にメールで事前連絡するよう呼びかけており、メール連絡が確認できない、または情報不備がある場合は、入札を取り消すと警告しており、18日20時には99億円以上の入札に関しては、すべて取り消されている。

この実物大レプリカは、大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)のアトラクションが5月末に終了することに伴い、出品されたもの。「バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド~さよならキャンペーン オークション」という企画で、オークションによる収益は、諸経費を除き、パーキンソン病の研究助成活動を行う「マイケル・J・フォックス パーキンソン病リサーチ財団」へ寄付される。

なお、デロリアンのほかにも「研究所サインプレート」「アトラクション内アクリル映画ポスター3セット」「ライドのデジタル時計」「次元移動装置(レプリカ)」が出品されており、「次元移動装置」は18日20時時点で48万1000円の値がついている。

実物大のデロリアンはレアな品とはいえ、一時、税込107億9999万9998円という入札額が付いたことに驚いた人が多数。Twitterには、

「ヤフオクでデロリアン99億は絶対ウソ笑
どこの大富豪やねん笑」

など面白がる人もいたが、

「買う気が無いのに悪戯で入札は駄目」
「冷やかし目的の入札は、金銭ペナルティを設けないと、出品者が一番困る」
「いたずら入札とかなんの意味があんねん…本当にこういう輩は永久追放して欲しいわ」

と不快感をあらわにする投稿も散見される。

これまでにもヤフオク!では、入札価格が異常に高騰することがあった。最近では2014年の「東京駅開業100周年記念Suica」の販売中止騒動で、ヤフオク!に出品された同Suicaがやはり99億9999万9999円に達していた。

なお、異常な高額入札が取り消された後の最高入札額は405万6000円(18日20時時点)。99億には届くことはないだろうが、入札となる5月末日にはどこまで高値となるのか、注目される。
(花賀 太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト