「社会貢献を」などの声も…

京大→専業主婦もったいない論争 なぜ盛り上がった?

2016.05.26 THU

噂のネット事件簿


東京大学に次ぐ名門として知られる京都大学 写真/PIXTA
京都大学を出て専業主婦という道を選んだあるブロガーが投稿したエントリが、議論を呼んでいる。

話題となっているのは、5月23日にはてなブログで公開された「『京大出て専業主婦なんてもったいない』と言う人は、じゃあわたしが何をすれば許してくれるのか」という記事だ。このブロガーは、「京大出てそっこうで専業主婦」(原文ママ)をしているが、知人からメールで、その経歴を非難されたのだという。

「数回似たようなことを言われていて、それで一昨日、まだ言いますか? みたいな感じでお説教をされて、まあとにかくその人にとって、わたしの何かが『もったいない』らしかった」
「もったいないってことは、わたしは何かを無駄にしているってことなんだろうけれど、何を無駄にしているのだろうか」
「なんだかこれもしかして、わたしの存在が無駄ってことでしょうかね、どっからやりなおせば無駄じゃないんですかね」
「わたしはちゃんと幸せで、誰にもそれを邪魔することはできない」

と述べており、強く反発している様子。

“難関大学卒から専業主婦”という彼女の経歴は、多くのネットユーザーを刺激したようだ。記事のコメント欄には、

「専業主婦は立派な仕事です」
「ヨソサマの家庭のことに口出しする必要はないと思いますよね」
「ご自身の道をいかれれば良いと思います」

と、彼女の選択を尊重するコメントが数多く寄せられる一方、

「社会があなたをまっている!国立大なんですから!社会貢献を!」
「他人に人生をあれこれ言われて、不快になるお気持ちはわかります。
だけどやはり私も『もったいない』と思ってしまいました」

など、否定的な意見も少なからず登場している。

多くの人に関係する「学歴」、また昨今話題になることが多い「女性の社会進出」に関連するトピックだけに、注目を集めたようだ。
(金子則男)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト