心揺さぶる“1枚”を毎日お届け

【激撮】防弾ブリーフケースに入った世界最初の切手

2016.05.29 SUN

激撮


画像提供:ゲッティ イメージズ(534381316/Miles Williams/Getty Images Entertainment)
世界で最初の切手として知られ、イギリス・ロンドンで保管されている「ペニー・ブラック」(写真右)と「ペンス・ブルー」(写真左)が、ニューヨークへ輸送される。5月25日には、2種類の切手が特注の防弾ブリーフケースに入れられた。

「ペニー・ブラック」と「ペンス・ブルー」は、1840年にロンドンで売り出された1ペニー、2ペンス切手の愛称。ヴィクトリア女王(1819~1901年)の横顔が描かれている。当初から大変な人気で、240枚つづりのシートが何度も増刷されたという。

シートのまま残っている切手は世界でもわずかで、特注のブリーフケースには、輸送中でも中の状態を確認できるセンサーや警報が取り付けられているという。切手はアメリカ・ニューヨークで開かれる「世界切手ショー」で公開された後、ロンドンに戻り、2017年春にオープン予定の「ポスタル・ミュージアム」で展示される。

  • 最新イベントの様子から、注目のファッションアイテム特集やセレブのプライベートショットまで、エンタメ情報を写真で楽しむならこちら。随時更新中!

    注目セレブ ファッションチェック!

    最新イベントの様子から、注目のファッションアイテム特集やセレブのプライベートショットまで、エンタメ情報を写真で楽しむならこちら。随時更新中!
  • 心揺さぶる瞬間をとらえた“一枚”を毎日お届けします

    デイリー連載「激撮!感動の一瞬」

    心揺さぶる瞬間をとらえた“一枚”を毎日お届けします

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト