スマブラ、スプラトゥーンに続く?

ゲーム『オーバーウォッチ』面白すぎでブーム目前

2016.05.28 SAT

噂のネット事件簿


「世界はヒーローを求めている」というキャッチコピー ※この画像はサイトのスクリーンショットです
5月24日に発売されたPlayStation4向けゲームソフト『オーバーウォッチ』が、“神ゲー”になりそうだと、ネット上で話題になっている。

『オーバーウォッチ』は、一人称視点の、チーム対戦型アクションシューティングゲーム。様々な戦闘能力を持った21人のヒーローから好みのキャラクターを選び、オンライン上でチーム対抗戦を行うという内容だ。PlayStation4版のほかに、PC版も発売されている。

個性的なキャラクター、そしてスピード感と戦略性の高い対戦が好評で、海外のゲーム批評サイトでも軒並み高得点を獲得している。批評サイトの平均点を出している「Metascore」というサイトでは、PC版が93点(5月27日現在)という高評価だ。

ツイッターでも、

「オーバーウォッチ楽し過ぎて朝 うーん、最高」
「オーバーウォッチマジで面白すぎるな」

と、絶賛するネットユーザーが続出。さらには、

「オーバーウォッチ5店回って全部売り切れだったんだけどw」
「オーバーウォッチどこも売り切れ(-_-;)帰ろう」

といったツイートもあり、人気すぎて品薄状態になっている様子がうかがえる。

人気の対戦アクションゲームといえば、最近では“イカ”がインクで撃ちあう『スプラトゥーン』がブームになった。果たして『オーバーウォッチ』も続くことができるのか?
(奈波くるみ)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト