ぜんざい、タクシーに驚く人も

東・西を比較する本「関西は○○が真ん中」に衝撃

2016.06.16 THU

噂のネット事件簿


著者のブログではオフショットも多数掲載しているほか、Twitterでは「縄文土器」「線香花火」などの東西の違いも紹介している ※この画像はサイトのスクリーンショットです
ネット上では、各地域特有の食べ物や習慣などにフォーカスが当たることが多いもの。 6月9日に発売された『くらべる東西』(文:おかべたかし、写真:山出高士)という本も「東西の違いをうまく表していて面白い」と話題になっている。

この本は、桜餅、タクシー、座布団など34の東西の違いを2つの写真を並べて比較・解説しているもの。新聞やラジオ番組でも取り上げられてきたが、Twitterで広く拡散するきっかけとなったのは、今年荻窪にオープンした書店「Title(タイトル)」(@Title_books)のツイートのようだ。

Titleは6月13日、「ずっとこんな本が出てほしいと思っていた。東西の違いを、ビジュアルとテキストで比べる。一目瞭然」というコメントとともに書籍を写した数枚の写真を投稿。同投稿は、15日13時までに1万7000以上のリツイート、1万4000以上の「いいね」がついている。

特に同ツイートに添付された「関東と関西では湯船の位置が違う」という表紙の写真は多くの人の関心を集めている。写真を見てみると、銭湯の湯船は関東では壁にくっついているのに対し、関西では空間のど真ん中に配置されている。著者・おかべ氏のブログによると、表紙の写真は、東京・神楽坂にある「熱海湯」と京都市北区の「竹殿湯」。なお、関西でも改装すると湯船を奥に設置するところが増えているという。

Twitterでは、

「えっ!?!?湯船が真ん中にある!?!?!?!?」
「西の銭湯 いっぺん入ってみたい!」
「面白そう 長野で入った銭湯は真ん中だった 東西の境目が気になる」
「あー確かに入ったことのある銭湯は右のタイプだったわー、東西で出違うのか」(原文ママ)

と驚く人や、東西の違いに興味津々の人の声が多数あがっているところ。また、銭湯以外で紹介されている写真についても、

「関東のぜんざいに衝撃を受けてる そういえば2,3年前に桜餅も西と東で全然違うと知って驚いたな…」
「タクシーって黒いものだと思っていたので、カラフルなのを見て驚きました」
「東に住んでますけど東のぜんざいは見たことないですね。すごく興味深いです」

など、様々な意見が投稿されている。

なお、Twitter上では「東だけど見たことない」「西だけど知らん」という声が散見され、一概に東・西と分けることができないものもあるようだが、自分の知っている“東”“西”かどうか、確認してみるのも面白そうだ。
(花賀 太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト