男の勝負パンツ…そのこだわりとは?

“あえてブリーフ派”の主張「エッチで燃える!」

2016.07.07 THU

データで読み解く ぶっちゃけ世論調査 > 世論調査


「“勝負パンツ”は何色?」との質問には、「黒」が1位(26.5%)、「赤」が2位(8.5%)という結果に。あなたの勝負パンツは何色?
写真:mingman / PIXTA(ピクスタ)
大人の階段を上り、愛好者が減っていくものといえば…そう、「ブリーフパンツ」である。お母さんが買ってきたブリーフパンツからスタートし、思春期でトランクス(またはボクサーパンツ)へ移行という経験をした男性諸氏は多いはず。素朴な疑問だが、大人になった現在も「ブリーフパンツ」を穿いている人はどれだけいるのだろうか? 20~30代の男性会社員200人に尋ねてみた(R25調べ・調査協力/アイリサーチ)。

〈現在、どのタイプのパンツを穿いている?〉※複数回答


・ボクサーパンツ型 61.0%
・トランクス型 58.0%
・ブリーフ型 5.5%
・ビキニ型 0.5%

タイプ別で集計したところ、「ボクサーパンツ型」「トランクス型」が二大巨頭として君臨しているのは明白。「ブリーフ型」は200人中11人が利用しているのみだった。

しかし、ここで疑問を覚える。失礼な話だが、“ちょっとダサイ”印象もついているブリーフを、彼らが穿き続けている理由とはなんなのだろう? 回答者にこだわりを教えてもらったところ、3つのポイントが浮かびあがった。以下のコメントをご覧いただきたい。

〈僕らがブリーフを選ぶ理由〉
■なじみのあるコイツが一番!
「普段から穿き慣れているので」(30歳)
「昔からはいている」(39歳)

■フィット感がちょうどいい!
「面積が少なく、フィットするので」(27歳)
「ひらひらと動かない所が良い」(28歳)
「ぴちっとしているのがいい」(30歳)
「フィット感がちょうどいいため」(38歳)

■ベッドイン時に興奮する!
「エッチの時に燃える」(34歳)
「Hの時に興奮できる」(32歳)

上記2点は至ってシンプル。慣れ親しんだ形状と、ぴっちりと収まるフィット感は誰もが認めるところだろう。ただ、最後の1点は盲点…というべきか、奇抜な意見だろう。なお、女性の一部にも男性のブリーフ姿に興奮する、という人がいるとか、いないとか…。そう考えると、“夜の装備”として試してみるのは悪くないかもしれない!

ちなみに、今回のアンケート回答者200人に、改めて「パンツへのこだわり」を聞くと、細部にこだわる男たちの意見が続々と寄せられた。

■「色にこだわる」派
「パンツは基本黒」(33歳)
「青と赤のパンツを毎日交互にはいている」(28歳)
「色落ちしない白系」(35歳)
「冷静を装うには暗めにするのが一番」(37歳)
「いつでも脱げるように派手目な色合いを選ぶ」(37歳)

■「形状にこだわる」派
「玉袋がついているやつ」(26歳)
「ユニクロで同じタイプで統一している」(25歳)
「ローライズが基本」(35歳)

■「穿き心地にこだわる」派
「通気性が高いものを選んでいる」(27歳)
「おしりに食いこまない程度のゆるさがあるやつ」(38歳)
「速乾性のある生地を選んでいる」(39歳)
「履き心地重視です」(34歳)

■「使い分けにこだわる」派
「気合を入れるときは黒のボクサータイプで挑む」(30歳)
「夏場はトランクス、冬場はボクサー」(34歳)
「Web上で占いをチェックして、今日のラッキーカラーに合わせたものを着用する」(37歳)
「夜はトランクス、日中はボクサーパンツ」(38歳)

色、形状、穿き心地、そして使い分けとかなり多様なこだわりがある。見えない部分だからこそ、引き締めておきたい! そんな男心が垣間見えた調査であった。

(千川 武)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト