スマホ事件簿

すごい経済効果!ポケGOで分度器が売れる?

2016.07.25 MON


世界中で大ブームとなっている『ポケモンGO』(Android版/iOS版)。位置情報を活用した同ゲームは、7月22日に日本での配信も始まり、全国的に早速盛り上がりを見せている。一方、その経済効果も気になるところだ。

アメリカでの配信が始まった7月6日以降、任天堂の株価は急騰。22日までに約2倍に跳ね上がった。さらに、『ポケモンGO』とタイアップし、ゲーム内の“ジム”または“ポケストップ”という拠点を全国のマクドナルドに設置した、日本マクドナルドホールディングスの株価も上昇している。

また、ツイッターには、

「モバイルバッテリーを求めてコンビニ5件目。5件とも全て売り切れ。ポケモンGO恐るべし」(原文ママ)

「昨日ビックカメラに行ったら、モバイルバッテリー売り場に行列が出来ていた。ちょっとしたポケモン経済効果」

といった報告も。野外を移動しながらプレイする『ポケモンGO』では、スマホのバッテリー切れが大きな課題となる。そこで、モバイルバッテリーの需要が急激に高まっているのだ。

そのほかにも『ポケモンGO』のヒットにともない売れそうなものとしては、

「ポケモン関連株の本命は モバイルバッテリー WiFi 熱中症対策清涼飲料水 安い履き潰しやすい靴 あたりだと思っている」

「ポケモンGOから生まれる経済効果 まずスマホが売れる、充電器、自転車、たぶんここまではみんなが想像すると思う 水筒とかが何気に売れたりするんかなぁ」

「ポケモンgoのニュース見ながら、これで公園に人が集まる→公園には虫がたくさん→虫さされ薬や虫除けが売れるでアース製薬の株買うべきでは?と思ってる」

などの意見があがっていた。暑いこの季節に野外で歩きながらプレイするということで、清涼飲料水や水筒、靴、虫除けスプレーなどを求める人が多くなるのでは、との声が多い。また、変わったところではこんな意見も。

「ポケモンGOガチ勢はみんな分度器持ち歩くことになるのか…」

「ポケモンの為に分度器を購入」

「ポケモンGOの個体値図るのに分度器が必要なんだがもっといい方法は無いのかコレ」

実は、同種のポケモンでも能力に個体差が存在し、上限までレベルを上げても強さに差が出るという。細かい算出方法は割愛するが、捕まえたポケモンが最終的にどこまで強くなるかを正確に調べるためには、各ポケモンのパラメータを表す半円型のメーターの角度を測る必要があるとのこと。そのために分度器が売れるのではないかという声があるのだ。

もちろん分度器がなくても十分に楽しくプレイできる『ポケモンGO』。分度器を使うのはよっぽどの“ガチ勢”ということになるだろうが、思いもよらぬところに経済効果が波及することもありそうだ。

(奈波くるみ)

【関連リンク】

■『Pokemon GO』公式サイト

http://www.pokemongo.jp/

■「ポケモンGO 分度器」での検索結果 - Yahoo!検索(リアルタイム)

http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%83%9D%E3%82%B1%E3%83%A2%E3%83%B3GO%E3%80%80%E5%88%86%E5%BA%A6%E5%99%A8&ei=UTF-8

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト