スマホ事件簿

「LINE LIVE」一般開放、ニコニコは食われるか?

2016.08.04 THU


LINEは8月2日、「LINE LIVE」のライブ動画配信機能を近日中に一般ユーザーにも開放すると発表した。

「LINE LIVE」は、LINEが提供するライブ動画配信プラットフォーム。視聴者は、配信者に対してコメントやハートを送り、コミュニケーションを取ることができる。現時点では、タレントやアーティストといった一部の有名人ユーザーのみが動画配信可能。そのほか、LINE LIVEオリジナル番組も配信されている。

近く実施されるアップデートで、LINE IDを持つすべてのユーザーがライブ動画を配信できるようになる。さらに、視聴者から配信者に向けて有料コンテンツの「ギフトアイテム」を送ることが可能になる。ギフトアイテムは「ハート」を強化した演出で配信画面を彩ることができるそうだ。

また、視聴者数や視聴者から送られたコメント、ハート、ギフトアイテムの数などの結果に応じて、配信者に「ボーナス」が付与されるとのこと。「ボーナス」がどういう形になるかは明らかにされていないが、配信者にとっては次回配信への大きなモチベーションとなりそうだ。

一般ユーザーによるライブ動画の配信といえば、ニコニコ生放送やツイキャスなどがすでに存在しており、そこにLINEが参入するという図式。ツイッターでは、

「ニコニコ生放送やツイキャスに影響がありそう。特にツイキャスのユーザーは若年層だから影響は大きいのでは」

「LINE LIVEが一般ユーザへ開放か、生配信プラットフォームの競争が激しくなるけど安定性に欠けるニコ生は今後大丈夫だろうか」

「ツイキャスと繰り広げられるであろうデッドヒードが楽しみ」(原文ママ)

と、ライブ配信サービスの勢力図が塗り替えられそうだという意見が多く寄せられていた。

しかし、一方では「若年層がポイント欲しさに『過激な映像』に走るというのがパターン」など、比較的若いユーザーも多いLINEのサービスであるため、ボーナスを求めて“行き過ぎた動画”が増えるのではないかという指摘もあった。

数多あるSNSやコミュニケーションアプリのなかでも、特に利用者が多いLINE。LINE LIVEの一般開放によって、ライブ動画配信の一般化もより一層加速しそうだ。

(小浦大生)

【関連リンク】

■LINE LIVE

https://live.line.me/

■【LINE LIVE】ライブ動画配信プラットフォーム「LINE LIVE」 近日アップデートを行い一般ユーザーも自由にライブ配信可能に | LINE Corporation | ニュース

https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2016/1460

■「LINE ライブ」での検索結果 - Yahoo!検索(リアルタイム)

http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=LINE+%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト