スマホ事件簿

「ゲーム中も“前方”が見えるアプリ」開発者が語る

2016.08.05 FRI


「ポケモンGO」の流行で、改めて注意が促されている「歩きスマホ」。画面の向こう側が見えず、人や自転車、自動車などにぶつかるほか、駅のホームでは線路に転落する危険も指摘されている。

そんななか、“スマホ画面上に、進行方向の様子を映像表示する”というアプリ、その名も「スマホ見てても前が見えるカメラ」が登場した。

これまでにも、iPhoneでは「Tranthru -背景透過ブラウザ-」、Androidでは「Transparent Screen」など、画面の背景を透過させ、前方の様子が見えるようにするアプリは存在していた。いずれもスマホのカメラから取り込んだ映像を、うっすらと背景に映し出すものだ。しかしこれらは、ユーザーのホーム画面やアプリの画面と背景が混ざってしまうため、かえって見にくくなるケースも少なくなかった。

一方、「スマホ見てても前が見えるカメラ」は、映像を背景に映し出すのではなく、“前方のカメラ映像を映し出す小窓”を画面に表示するという仕組み。アプリ紹介ページでは制作理由について、

「最近ニュースで、Pokemon GOやブラウジングなどの歩きスマホの前不注意による事故が大々的に取り上げられますが、こういうことでニュースになるのは、一人のトレーナーとしてもあまり気持ちのいいものではありません。

このアプリでそういう事故を少しでも減らせれば幸いです」(原文ママ)

とつづられている。また、Google Playの使用方法を説明する画像のなかには、「Danger 歩きスマホ」と大きく書かれた画像も。あくまでも歩きスマホ用ではなく、前方の様子の変化が確認できるものとして、利用してほしいことが強調されていることがわかる。

とはいえ、Twitter上には、

「しかし、まぁよ~作るね~ そうじゃ無いだろう…アプリ(笑)」

「前が見えない/見ないことが問題というよりは一点に集中して、注意を向ける対象と範囲が狭くなっていることが問題なのでは」

と批判的なコメントが投稿されているが、はたして実際の使い勝手はどうなのか? 筆者のスマホ(AQUOS SH-01)にダウンロードし、試してみた。

■実際にアプリを使ってみた

起動をしてすぐに表れたのは「ご使用上の注意と機能の説明」。「このアプリは歩きスマホを推奨するものではありません」という書き出しで、注意点を記している。このほか、「ポケモンG○のAR機能がONになっているとこのアプリは正常に動かない可能性があります」との表記も。同時に立ち上げると、スマホに負荷がかかりすぎるということだろうか。

ともあれ、これらの注意点に目を通し、「起動」のボタンを押すと、画面中央にカメラ画面を写した3cm角の小窓が出現。なお、ドラッグで小窓は移動させることが可能。そして、「ポケモンGO」を起動すると、小窓が表示されたまま、プレイ画面が起動。小窓を画面の左上に移動させれば、操作性も損なわれないうえ、周囲の様子を把握することは可能だった。

■開発者に話を聞いてみた

議論を呼びそうな同アプリ。実際に開発者のPotatoさんに話を聞いてみた。お話によれば、このアプリの開発にかかった時間は2日程度。当初“頻繁に落ちてしまう”という声もあったが、現在はアップデートし、改善されているという。用途については、

「立ち止まったときに、周囲の状況を確認するように使ってほしいです。

例えば、ポケモンが現れた時に立ち止まって捕まえますが、その時にスマホに集中してしまい、周りが見えなくなりがちになってしまいます。立ち止まっていても結構危険で、私は自転車に跳ねられそうになりました」

と、自らの体験とともに改めて、周囲の安全を確認するために使ってほしいと訴える。

また実際に自分で使ってみた使用感は、「普通にプレイすると足元しか見えないですねww スマホを少したててプレイすると少しは見えます」としつつ、「駅の階段付近では使っちゃダメですね。(盗撮に)間違えられたら大変です」とも…。Potatoさんは、

「画面内に少しでも周りの情報があるだけで大分違うと思うんですよ。

とにかく、大好きなゲームで、悲しい事故が減ったらいいなと思います。」

と続けた。

使う場面によっては重宝しそうなアプリだが、基本的には周囲の安全確保は自分の目や耳で確認することが重要。どのように使うかはユーザーの良心に委ねられるものの、歩きスマホがマナーに反するだけでなく、思わぬ事故やトラブルに発展しかねないことは、くれぐれも肝に銘じておこう。

(花賀 太)

【関連リンク】

■スマホ見てても前が見えるカメラ

https://play.google.com/store/apps/details?id=comaaaaaaa.aaaosidaaaaple.camera

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト