「姿勢」「ハンカチ」など、意外と細かいポイントも…

20~30代女性が感じる“男性の品格”TOP10

2016.08.13 SAT

データで読み解く ぶっちゃけ世論調査 > 世論調査


「ハンカチを常に持っている」は9位。“品格”のある男を目指して、この夏はパリッとアイロンがけしたハンカチで、汗をぬぐってみては…? 
写真:EKAKI / PIXTA(ピクスタ)
「きちんとした挨拶ができる」「お辞儀がきれい」など、女性の何気ないしぐさにその人の“品の良さ”を感じたことはないだろうか。普段は意識しないポイントだからこそ魅かれる…という人も多そうだが、一方の女性たちが、“男性の品の良さ=品格”を感じるポイントはどんなところだろう? 20~30代の会社員女性200人に聞いてみた(R25調べ:協力/アイリサーチ)。

■“男の品格”を感じるポイントTOP10

(全13項目から上位1~3位を選択してもらい、1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptで集計)

1位 言葉づかいが丁寧(汚い言葉を使わない) 307pt
2位 食べ方がきれい 252pt
3位 マナーがいい 166pt
4位 店員などにも丁寧な対応をする 96pt
5位 姿勢がいい 87pt
6位 きちんとした敬語を使える 83pt
6位 ガツガツしていない・余裕がある 83pt
8位 字がきれい 50pt
9位 ハンカチを常に持っている 22pt
10位 扉の開け閉めが静か 16pt

日常の何気ない振る舞いのなかでも、「言葉づかいが丁寧」「食べ方がきれい」がツートップに。「店員などにも丁寧な対応をする」「きちんとした敬語が使える」など、他者への対応に“品の良さ”を感じている女性も多いようだ。それぞれの項目を選んだ理由も教えてもらった。

【1位 言葉づかいが丁寧(汚い言葉を使わない)】
「小さい頃から丁寧な言葉づかいでないと、急に丁寧な言葉づかいはできないから」(25歳)
「言葉づかいは隠せないと思うから」(25歳)
「普段からそうなら、家庭で厳しく話し方・マナーもしつけられていると思う」(28歳)
「育ちがいい人は誰に対しても偉そうな言い方をしない」(31歳)
「言葉はその人の育ってきた環境を表すと思うから」(36歳)

【2位 食べ方がきれい】
「箸の持ち方とか、普段からしていないとできるものではないから。幼少期からしつけられていそう」(29歳)
「きれいな食べ方をする方は、家柄が良いと感じる」(35歳)
「家族と同じ時間を共にする動作の中で、家族の影響を一番に受けることだと感じるため」(36歳)

【3位 マナーがいい】
「育ちがいい人は親がしつけをしっかりしていただろうからマナーがよいと思ったから」(22歳)
「親がしっかり教育したんだろうと感じるから」(25歳)
「マナーの良さは生活環境によって育まれると思うので」(27歳)

【4位 店員などにも丁寧な対応をする】
「誰に対しても丁寧な対応をしている人を見ていると、良い教育を受けて育ったんだなと思って感心する」(25歳)
「気持ちに余裕がある環境で育たないとそのような対応はできないと思うから。親がそういうことをしている可能性が高い」(30歳)
「誰に対しても同じように丁寧に接してくれそうだから」(33歳)

【5位 姿勢がいい】
「姿に表れると思う」(24歳)
「姿勢がよいとすべてがスマートに見える」(39歳)

ほかにも、【8位 字がきれい】→「知的に見える」(31歳)、【9位 ハンカチを常に持っている】→「きちんとしている感じがするから」(32歳)など細かいポイントにもコメントが寄せられた。

デジタル全盛期で、自筆を披露するなんてクレジットカードのサインくらい…、なんて人もいるかもしれないが、簡単なサインでも油断は大敵! 普段気にしないような行動にこそ、女性の“品”定めの視線は注がれているのかも?
(藤あまね)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト