スマホ事件簿

dマガジンと楽天マガジン、ラインナップの違いは?

2016.08.12 FRI


3つの電子雑誌の読み放題サービスが、しのぎを削る様相を呈している。これまで、火付け役ともいえるNTTドコモ「dマガジン」が市場をリードしてきたが、8月3日にAmazonが「Kindle Unlimited」、9日には楽天が「楽天マガジン」を立て続けにリリース。ユーザーたちは各々の使用感を比較して盛り上がりを見せている。

サービス概要を紹介すると、2014年からスタートした「dマガジン」は月額432円(税込、以下同)で雑誌160誌以上、「楽天マガジン」は月額410円で同約200誌が読み放題となっている。さらに「Kindle Unlimited」は、月額980円で雑誌だけでなく書籍や漫画にも対応し、和書12万冊以上、洋書120万冊以上の品揃えを誇る。Twitterでは、まず各サービスの機能面を研究した人から、

「楽天マガジンのiosアプリソコソコいいな。スライドで若干カクツクけど、dマガジンみたいに読み込みがない」

「楽天マガジンは PC で利用できないみたいなのがちょっとね」(編集註:dマガジンはPC閲覧が可能。楽天マガジンは現在スマホ・タブレットの専用アプリで配信)

「あっ、kindle unlimitedって10冊まで同時DLできてそれ以上入れ換えという感じ。図書館っぽい。なるほど把握」(原文ママ)

などといった感想があがっている。また、雑誌のラインナップについては、特に月額が拮抗している「dマガジン」と「楽天マガジン」を比較するユーザーが多く、

「楽天マガジンは、dマガジンとほぼ同じラインナップ。細かい違いだと、アサ芸とムーがあるけどファミ通・週アス・文春・新潮・週女が無い。個人的にはファミ通と週アスが一番読みたいので、dマガ継続」

「楽天マガジンのラインナップ見てみたけど、今までで一番自分に合う気がする!ファッション誌が充実してるし、『BE-PAL』『山と渓谷』『ワンダーフォーゲル』『ランドネ』が読めるのがいいね」

「(楽天マガジンは)ダイヤモンドや東洋経済、ZAI、おとなの週末、週プレが揃ってる。プレジデントと日経トレンディ、日経ウーマンもあればなお良いのに」

などという声があり、自分のニーズに合ったサービスを選んでいるようだ。一方で、「Kindle Unlimited」も比較検討したという人からは、

「楽天マガジンも含めていわゆる『読み放題』のラインナップをザッと見てみたけど、どこも一長一短あって、それはそれで競争ができてて好ましいかなとは思った。今のところは私の場合は Kindle Unlimited が優勢かな」

「『dマガジン』、『kindle unlimited』に加え『楽天マガジン』が競合してきたけど、それぞれ読みたいものがあっちにあったりこっちにあったり...」

「kindle unlimitedの対象書籍をチェックしてるんだけど、これ雑誌と技術書だけでペイできるな…」

との声があがっているところ。

ユーザーの声からは、人気雑誌を押さえた「dマガジン」、ファッション・ライフスタイル系が充実した「楽天マガジン」、雑誌と専門書などのセットでお得感がある「Kindle Unlimited」という特徴が読み取れる。はたして大激戦を制するのはどのサービス!?

(山中一生)

【関連リンク】

■楽天マガジン:読みたい!が見つかる、広がる

https://magazine.rakuten.co.jp/

■「dマガジン」の検索結果 –Yahoo!検索(リアルタイム)

http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=d%E3%83%9E%E3%82%AC%E3%82%B8%E3%83%B3&ei=UTF-8

■「kindle」の検索結果 –Yahoo!検索(リアルタイム)

http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=kindle&ei=UTF-8

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト