スマホ事件簿

公衆電源サービス 20分100円に「高い」の声

2016.08.24 WED


スマホやノートPC、携帯電話などを充電できる認証型公衆電源サービス「espot」(エスポット)の試験運用が、8月23日から始まった。東京電力エナジーパートナー、ソニービジネスソリューション、関電工の3社が手がけ、まずは東京23区のローソン25店舗や、大戸屋5店舗など36カ所に、計150台の専用コンセントを設置する。

利用にあたっては、専用のプリペイドカード、あるいは所有のクレジットカードで決済する。プリペイドカードの場合、カードをespot端末にかざすだけ。クレジットカードの場合、スマホでespot端末に表示されたQRコードを読み取り、案内に従って支払い手続きをおこなう。決済が完了すれば、充電できるようになるという仕組みだ。利用料金は20分間100円(税別)で、実証実験は2017年1月9日までの予定で行われる。なお、充電ケーブルは個人が持ち込む必要がある。

スマホや携帯を使用するのが当たり前の時代。電源カフェも増えるなか、出先で充電できるスポットが増えるのは魅力的だろう。ただ、Twitterの反応をみてみると、

「東電が有料コンセントコンビニに設置か…100円で20分なら緊急時良いなぁ。関電もしないかなぁ(  ̄  ̄)」

「そうそう。充電するためにわざわざコーヒーを買うくらいなら、充電そのものにお金を払いたい。」

と歓迎する声がある一方で、

「10年前なら発想として悪くないと思えたが…電源カフェが当たり前の現代…時代にあうとは残念だが思えない」

「2005年に事業企画してたサービスがようやくだなあ」

など“時代遅れ”と指摘する意見や、

「マックやファミマのイートインだとコンセント付いてるものなぁ・・・。

100円払うのなら、コンビニで飲み物でも買った方がいい気がw」

と、すでに利用客に電源を解放しているカフェやコンビニがあることを挙げ、割高な印象は否めないとする意見も多数。ローソンではイートインコーナーに設置されるようだが、

「ボリすぎな上に20分もコンビニで何しろと(´・ω・`) 」

「コンビニに20分もいられないんだが

100円で20分ならモバブ持ち歩くわ()」

「20分100円って有料ならば使う人いないでしょ。5分で充電できますとかの超高速ならば需要がある可能性もあるけど、まずコンビニにそんなに長く滞在しないし…なんかズレてるよな…こうゆうとこに経営センスのなさが現れるね」(原文ママ)

など、料金が高いうえ、コンビニに20分いなくてはならないことにも違和感を唱える声が多くあがっている。手厳しい声が多いが、今の時代、20分間で100円は高い?

(花賀 太)

【関連リンク】

■公衆電源サービス(espotサービス)の実証実験開始について

http://www.tepco.co.jp/ep/notice/pressrelease/2016/13185

01_8661.html

■espot

http://espot-charge.com/

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト