英語スラングをめぐって一部女性がざわつく

「雄っぱい」「moobs」…男のおっぱいに注目集まる?

2016.09.16 FRI

噂のネット事件簿


筋肉でできた「雄っぱい」に対応する英語を望む声も寄せられている
写真/PIXTA
男性の豊満な胸を表す「moobs(ムーブス)」という言葉をご存じだろうか? オックスフォード英語辞典に、この「moobs」という語が追加されることが「ロイター通信」によって9月12日に伝えられた。

「moobs(ムーブス)」は、「man(男)」と「boobs(おっぱい)」を掛け合わせた造語で、もともと「肥満傾向にある男性の、女性のような柔らかでふくよかな胸」を示すスラングだった。9月に実施される辞典の改訂を機に収録される運びとなったという。

Twitterでは、

「moobs…『雄っぱい』が英語にもあるなんて…」
「わざわざ造語が新たに作られ辞書登録までされるって、“雄っぱい”はワールドワイドなムーブメントなのだろうか」
「moobsがオックスフォード英語辞典に載るなら『雄っぱい』も広辞苑に載せないと 」
「雄っぱいを表す単語ができたってこと!??!?!?!」

といった投稿が見られる。「雄っぱい」は日本のネットスラングで、「肉厚でがっちりとした、筋肉質な男性の胸」を表す。おもに、男性同士の恋愛を描いた「ボーイズラブ(BL)」を愛好する女性たちの間で使用されている。

女性たちは、英語圏でも「雄っぱい」を愛好する文化があると思い、期待したようだが、

「筋肉ムキムキと思ったら違った。 揺れ動くからmoveから変形したのかと思ったらそれも違っ」
「ハッシュタグでmoobs検索したら幸せになれるんじゃないかと思ったけど、筋肉質な雄っぱいは含まれないらしいことが判明してちょっと落ち込んでる」
「ちょっと調べてみたら、moobsって筋肉雄っぱいじゃなくて脂肪雄っぱいのことみたいだね。画像検索したら私好みじゃなかった…………」

と、意味の違いに落胆が広がっている。

とはいえ、“男性のおっぱい”が世界的に注目されていることは間違いなさそうだ。

(山中一生)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト