スマホ事件簿

iPhone 7発売直後の今こそ「6sを買う理由」

2016.09.21 WED


9月16日に発売されたiPhone 7。防水・防塵仕様になっていたり、非接触型ICカード技術「FeliCa」に対応していたりするなど、機能面で格段レベルアップした端末で注目度も高い。しかし、その一方でこの時期にひとつ前の機種となる「iPhone 6s」を購入する人も少なくないようだ。

ツイッターでは、こんな投稿を見つけることができた。

「本日付けでiPhone6から6Sに機種変更。 7が嫌でもう一度6にしようかと思ったのですが入荷してないとのことで泣く泣く6Sに」

「iPhoneを5cから6sにしました。7ではない」

「うあああああ新しいiPhoneになった!6s!ついにわたしに文明が訪れた…!!!」

いずれも9月16日以降の投稿だが、iPhone 7ではなく、iPhone 6sを購入しているユーザーが確かにいる。

では、なぜ今のタイミングでiPhone 7ではなく、6sを選んでいるのだろうか。ツイッターの投稿を探ってみると、

「携帯変えました! やっとって感じ。 変えて1時間は使いにくいと思ったけどやっぱiPhone使い易いね! バージョンは6sにしました。7は機種代、月代が6sよりも高かったのとハッキリ言って防水は要らんから6sにした!」

「そーいや値段で選んだけど、iPhone 6s Plus 128GBを購入。明日届くよー」

など、価格が安いという理由が多い。確かにiPhone 7/7Plusが7万2800円~/8万5800円~なのに対し、6s/6s Plusは6万1800円~/7万2800円~(すべて税別、32GBの場合)。こだわりが強くない人にとって、1万円は大きな差と考えられる。また、

「iPhone機種変更。現時点ではどう考えてもイヤホンジャックがないと使えないので6Sにしました」

「iPhone 7が出たのに6Sにしたよ、うちの旦那(笑) 確かにイヤホンジャックないのは不便だよね」

と、iPhone 7にはイヤフォンジャックがないことを理由にしたケースも。さらには、

「今更ながら、iPhone 6sデビューを決意した。 あと2年もすればiPhone 7sとか出てくるだろうしww 新型機はまだまだトラブル多そう」

と、新機能が多いiPhone 7に不具合が出ることを危惧して、購入を見送るというユーザーもいた。

たしかにiPhone 7は革新的なデバイスだが、今まで通りの機能で十分と考える人もいるだろう。価格面を考慮するならば、最新機種ではなく、既存の機種を選択するというのも、ごく自然な判断といえそうだ。

(小浦大生)

【関連リンク】

■iPhone 6sまたはiPhone 6s Plusを購入 - Apple(日本)

http://www.apple.com/jp/shop/buy-iphone/iphone6s

■「iPhone 6s」での検索結果 - Yahoo!検索(リアルタイム)

http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=iPhone+6s

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト