“かわいい自撮り”は結構ひんしゅくもの!?

女が選ぶ「これはイタい!」NGなSNS投稿とは?

2016.11.23 WED

働く女子を応援!L25タイムス > 夜のヒメゴト白書

「可愛い人の写真は目の保養になるが、そうではない人の写真は誰に得があるのか謎」との辛らつな声も
画像協力:den-sen / PIXTA
スマホで毎日何度もチェックする…という人も多いSNS。多くの人が多様な投稿をしていますが、なかには「この人、イタい」と内心思ってしまう投稿もチラホラ。そこで今回は「SNSで『イタい』と思う女性の投稿」について知るべく、20~30代の独身社会人女性200人にアンケート調査を行いました。

はじめに、女性のSNSでの投稿に「この女、イタい」と思ったことはあるか尋ねたところ、「ある」(47.0%)、「ない」(53.0%)となりました。イタいと感じるポイントや度合いが人によって異なるせいか、ほぼ二分される結果に。では「ある」と答えた方は、どんな投稿がそう思う決め手になったのでしょうか。

■SNSで「イタい」と思う女性の投稿 TOP5

(全8項目から当てはまるものを複数回答)

1位 自撮りしたキメ顔の写真をアップ(73.4%)
2位 驚くほどの長文を綴っている(35.1%)
3位 スピリチュアルな内容を投稿している(27.7%)
4位 彼氏のことを投稿する(25.5%)
5位 高価な食事や旅行などの自慢を綴っている(21.3%)

【番外編】
6位 子どものことを顔出しで投稿する(14.9%)
7位 仕事のことを投稿する(8.5%)

ダントツで多かったのは、キメ顔の自撮りという結果に。たしかによく見かけますよね。自宅で黙々とシャッターを押し続け、奇跡的な1枚を選び抜いて投稿する…そんな友人を想像すると、「何やってんだ?」と感じる方もいるのかもしれません。2位以下は読んでもためにならない(?)独りよがりな投稿がランクイン。続いて、それぞれを選んだ理由やエピソードなどを詳しく聞きました。

【1位 自撮りしたキメ顔の写真をアップ】
「毎日毎日自撮り画像をアップしている知り合いがいるが、残念なことに顔が卑弥呼そっくり。自分では可愛いと思っているんだろうなと憐れんでしまう」(23歳)
「ナルシストで気持ち悪い」(26歳)
「どんなコメントがほしくてアップしてるのだろうかと思う…」(28歳)
「50歳でそのぶりっこ顔はナイ」(34歳)
「認められたい、構ってほしい願望なのかなと」(37歳)

【2位 驚くほどの長文を綴っている】
「長すぎて読む気しない。そして、大体はどうでもいい内容」(21歳)
「愚痴の長文はしんどい。そんなに言うならリアルな人に伝えろと思う」(24歳)
「自己陶酔しすぎで怖い。誰に読んでほしいのかわからない」(26歳)
「そんなに自分の事を世間に公表したいの?誰も返事してなかったよ、と言いたい」(29歳)
「自分中心的で、読む人のことを考えてない」(36歳)

【3位 スピリチュアルな内容を投稿している】
「占いやパワースポット巡りに大金をかけているのが伝わるとイタい」(24歳)
「いい歳して霊感少女ごっこかな、と思った」(27歳)
「頼るところがとうとうこれになってしまったか。呪文のように書いてあると怖い」(29歳)
「本人しかわからないような内容を全世界に向けて発信している」(30歳)
「気にしていることを全て占いに当てはめて解決しようとする」(37歳)

【4位 彼氏のことを投稿する】
「赤裸々すぎる内容を書いている時」(24歳)
「異常なほどのラブラブ写真を投稿していると、単なる自慢か自己満足にしか思えないので」(25歳)
「自分の彼氏のスペックを必死でアピールする」(26歳)
「テンションが高すぎて引く」(28歳)
「ホテルの部屋でのツーショットとか、気持ち悪い。モラル的にどうなんだろう?と思った」(31歳)

【5位 高価な食事や旅行などの自慢を綴っている】
「高い食事を奢ってもらったツイートはイタい」(21歳)
「食事や旅行の写真にプラスで自慢話まで延々とつぶやいている方を見かける度、自慢したくて旅行に行ったのかと勘ぐってしまう。料理の値段や旅費の詳細まで書き込んであり、思い出はプライスレス☆なんて書いてあると正直気持ち悪い」(23歳)
「だいたいが嘘だったり見栄をはってるのがわかる」(28歳)
「いくら内容がセレブっぽくても、人物を知ってると笑いそうになる」(34歳)
「本当の自分ではない、理想の自分を造り上げている」(37歳)

皆、けっこう厳しい目で他人のSNSを見て、ジャッジしている模様。「いいね!」をくれていても、実は建前で、実際は「イタいね!」という意味かもしれません。他人を引かせるほど自己主張の強すぎる内容になっていないか…投稿前に見直すクセを付けてみてはいかが?

(塩野容子)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト