スマホ事件簿

永谷園「飲むシュークリーム」に「次はお茶漬け」の期待

2017.03.16 THU


お茶漬けでおなじみの永谷園が、缶タイプのコールドドリンク市場に参入することを発表。「飲むシュークリーム」というパンチの効いた商品に、期待の声が集まっている。

永谷園が発売するのは「ビアードパパの飲むシュークリーム」という商品だ。ビアードパパは、北海道から沖縄まで全国展開しているシュークリーム専門店で、永谷園グループの株式会社「麦の穂」が運営。同商品は、3月21日からJR東日本が運営するエキナカ自販機「acure(アキュア)」の一部で先行発売され、4月24日より全国で発売されるという。

お茶漬けやふりかけ、インスタントみそ汁、「すし太郎」「麻婆春雨」などのラインナップを誇る永谷園は、缶飲料としては「『冷え知らず』さんの生姜チャイ」(2008年発売)や「1本でしじみ70個分のちから缶みそ汁」(2015年発売)などを秋冬限定のホット缶飲料として開発したことはあるが、コールド飲料は初めてだ。しかしネットでは、「飲むシュークリーム」に対し、

「ビアードパパの缶ジュース、めっちゃ飲みたい!!毎日でも常飲しそうw」

「ビアードパパの缶ジュースとかゾクゾクする」

「『飲むシュークリーム』とかシュークリームじゃないじゃん!!!ってブチギレそうになったけど、ビアードパパから出るって聞いた瞬間に『間違いねぇ、、、、』ってなった」

「ビァ~ドパパの飲むシュークリームなんて絶対ウマいじょん!」(原文ママ)

など、期待の声が続々と寄せられている。ただし、「永谷園=お茶漬け」というイメージはあまりにも強いようで、

「飲むお茶漬けをつくってくれよ」

「どう考えても、永谷園が出すべきは飲むお茶漬けだろう」

「永谷園さんは『飲むお茶漬け』作ってください」

「何やてぇ~ 飲むお茶漬けちゃうんかァ~い!」

「飲むお茶漬けは出さんのかい。菓子じゃないだろ」

と、「飲むシュークリーム」より「飲むお茶漬け」を開発してほしいと希望するコメントも登場。斬新な挑戦が話題を集めるなか、永谷園の次なる動きに早くも期待が集まっているようだ。

(金子則男)

【関連リンク】

■飲むシュークリームのプレスリリース

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000034.000020257.html

■Yahoo!検索(リアルタイム) 「飲むシュークリーム」の検索結果

https://search.yahoo.co.jp/realtime/search;_ylt=A2RCA9Ye_chY.VAA.glol_p7;_ylu=X3oDMTBiaWc1OXM5BHZ0aWQDanBjMDA2?p=%E9%A3%B2%E3%82%80%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0&ei=UTF-8

■ビアードパパ

http://www.beardpapa.jp/

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト