モテリーマンの新・世界共通キーワード

『メトロセクシャル』なイケてる男を目指すのだ

2004.09.16 THU

イケてるモテリーマンになりたいかぁぁ? オウゥ!…と力強く答えるのなら、『メトロセクシャル~すべての都市生活者に贈る究極のライフスタイルガイド』(マイケル・フロッカー著/伊藤あや子訳/ソフトバンク・パブリッシング刊)を今すぐ読むべし!

この「メトロセクシャル」とはイギリスで誕生した新しい言葉で、メトロポリタン(都市型)とヘテロセクシャル(異性愛者)をくっつけてできたもの。あのデイヴィッド・ベッカムに代表される、都会に住むオシャレでイケてるモテ男を指すのだが、元々欧米では男子たるものヘアスタイルなど自分の容貌を気にするのはもってのほか! そういうのはおネエ系だけとされてきた。男臭い男至上主義だったんですね。それが国民的スター、ベッカムの登場で価値観が激変。男だってオシャレで優しいのがかっこいい! となり、そうした男たちをメトロセクシャルと呼ぶようになった。

そしてそのブームがアメリカに上陸。TVで男子改造ビフォア&アフター的な番組がスタートし、おネエ系のフェミ男君たちが、「会社行って、家じゃゲームして食って寝るだけっす」みたいな人をベッカムやブラピのような男に変身させ、これが大人気に! 一躍、アメリカでもメトロセクシャルこそがモテリーマンの筆頭となった。

しかし日本、特に都会ではオシャレに気を使う男子が多く、おネエ系男性タレントだって大人気。だからメトロセクシャルなモテリーマンへの道は意外とたやすいのでは? と、本を熟読すると、「ディナーの席では携帯のスイッチをオフに」「素敵に見える下着を持つ」「まともじゃない耳毛は切る」「逆立ちをマスターしよう」「芸術を楽しみ視野を広げる」「Hの後で泣かない」「ろくでなしにはならない」と、なんだか分かったような役立たないような…。ま、元々オシャレで優しい日本男子こそ、実は今世界で1番イケてるモテリーマンってことなんじゃないの? 日本男子よ、自信を持っていいのだ。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト