歌声よ、宇宙に響け!

宇宙航空研究開発機構が実施宇宙の音楽募集って何だ?

2005.01.27 THU

「宇宙を音楽で表すと?」。そんなふうに聞かれたら、あなたならどんな音楽を想像します? 『スターウォーズ』のテーマ? それとも『2001年宇宙の旅』で使われた「ツァラトゥストラはかく語りき」? はたまた『機動戦士ガンダム』の主題歌ですか? いずれも壮大な宇宙空間を感じさせてくれる名曲だけど、ひょっとしたらそんな中にあなたが作った音楽を加えることができるかもしれませんよ! というのも、宇宙航空研究開発機構(以下JAXA)が、なんと“宇宙の音楽”を募集しているのだ!!

ん? 大げさに驚いてみたものの熱くなっているのは、僕だけか? JAXAは、いわば日本における宇宙開発の中核。そこが宇宙の音楽を募集するからには、壮大なプロジェクトが待っているに違いない。早速、広報部の黒川さんに話を伺った。

「『空へ宇宙へ』をテーマに、みなさんから音楽を募集しています(www.jaxa.jp)。年齢も、プロアマも問いません。ヴォーカル入りでもいいですし、インストゥルメンタルでも構いません。ジャンルも問いません。宇宙への想いがこもった作品なら、どんな音楽でも対象になります。最終審査では、愛知万博の会場でライブ演奏をしてもらって、グランプリを決定するんですよ。審査員には、何とあのm―floも参加します。そしてグランプリに選ばれた曲は、CD、着メロ、イベントでのBGMなどに活用していきます」

要するに、とっても自由な音楽オーディションってわけか。宇宙の音楽を謳ったわりには、展開がCD化や着メロと普通な気はするが…。しかし、何を隠そう副賞がスゴイ。グランプリ受賞者は、種子島宇宙センターで行われるロケットの打ち上げに招待されるのだ。目の前で宇宙に飛び立っていくロケット。そんな勇姿は、なかなか間近で見られるもんじゃないですよ。それだけでも応募する価値あり。どうです、あなたも一曲。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト