少女ティーン雑誌の過激さに

東京都もストップ!なその内容「彼氏を加藤タカにする」って…!?

2005.06.02 THU

凄いことになってます! 東京都が待ったをかけるくらいモノ凄いことになってます! ナニが凄いかって、10代の女の子向け雑誌、いわゆる「ティーン雑誌」のセックス特集の記事。コンビニで買えたりするのに中身はオトコのボクでも熱くなる(笑)内容です。

一部を紹介しよう、まずは『egg』。「絶対に役立つ!女の子のためのラブ&セックス講座、エッチの基本はここからジャン!キャッ!3大体位大研究」と題して、カワイイ水着ギャルとイケメンがモデルとなって組んずほぐれつ解説。見出しもスゴくて、『自分の腰を浮かせてみっ!』『下からも腰を振ってみっ!』『○○○の変形バージンも試しとけっ!』…。一方、『Happie nuts』別冊の『Love&nuts』も負けてません。まず、表紙。『コレ一冊読めば、芸能人と出会える、つきあえる!くらい、全人類のオトコ、攻略可能!』。中身はもっとカゲキで『おまえ以外とはもうヤレない!って言わせたいから!オトコが離れられなくなる騎乗位のやり方』『強すぎ、痛すぎ、外しすぎ!今の○○○じゃ満足できない!7日間で彼氏を加藤タカにする方法!タカは、セックスがうまい!そして黒い!』…タカとはやっぱり「鷹」なのか、なんていうどうでもいいギモンはさておき、どうしてココまで女の子雑誌がエッチになってしまったのか?

「やっぱり反響がありますね、表紙にエッチ記事のキャッチコピーを載せると載せないのでは販売部数が確実に違ってきます。少子化でただでさえ少なくなる読者を確実に確保したい。過激なフレーズは今どきのコの目に留まるようにすると自然とこうなった」(某ティーン雑誌編集部)

なるほど、少子化がエッチ記事拡大につながるとは想像もつきませんでした。東京都は出版業界に対して今月までに自主的な改善を要請しているが、果たしてこの要請、どんなカタチで出版者側が受け止めるのか。僕らも注目しておこう(笑)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト