レンタカーだけじゃない

クルマを買わずにクルマを持つ方法とは?

2005.09.01 THU

残暑が終われば秋の行楽シーズン到来。「クルマがあればなぁ」と思っている人も多いはず。でも、「クルマを買うには頭金がなぁ…」という声も聞こえてきそう。ところが、頭金は不要、しかも普通に買うよりも少ない支払いでクルマに乗れる方法があること、ご存じでした?

たとえば、自動車リース。最近では、個人でもクルマをリースする人が増加傾向。自動車リースとは、クルマを3年なり5年なりの一定期間、決まった金額で貸してもらう仕組み。契約期間が終われば返却すればよい。新車購入では、車両代にプラスされる登録のための諸費用、自動車税などを現金で払う必要があり、これが頭金が必要になる大きな理由。ところが、リースだとこうした費用はすべて含まれたうえで総額が計算される。だから頭金は不要なのだ。

どうしてこういうことになるのかというと、リースの場合、クルマの所有者は自分ではないから。クルマを借りることになるリース会社なり、自動車ディーラーなりが所有者になるため、登録費用や税金は自分にはかからないというわけである。

しかもリースの場合、契約が終了した時点でのクルマの売却価格、つまり契約終了時点での下取り価格が最初から差し引かれるため、新車購入よりも総額が安く設定されることがほとんど。支払い額が、買うよりも安く済ませられることが多いのだ。

個人リースの広がりで、自動車ディーラーやリース会社も個人向けのサービスを充実させるようになっている。「日産マイリースプラン」は、5年契約のリースでも3年目で手数料を支払えば新車に乗り換えができる仕組み。また、リースでは途中で解約した場合に契約金などの手数料がかかる場合が多いが、オリックス自動車では、契約から1年たてば解約金なしでいつでも解約できるプランがある。いずれも、使い勝手はまさしく“マイカー”。自分の名義にこだわらない実用重視派の人は、検討してみてはいかが?

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト