人間対人間の熱き戦い!

アナログゲーム、再発見!大人のボードゲーム合宿とは?

2005.09.08 THU

家庭にファミコンが導入される以前、チビッコたちが集まればボードゲームが定番だった。『人生ゲーム』に『億万長者ゲーム』。ちょっとませた連中は『モノポリー』なんかを、ファンタやコーラをグビグビ飲みながら、子供ながらにお互いの腹を探り合い、時には一触即発のムードになったりしながらも真剣にプレイしたもんです。

しかし、大人になった現在、ボードゲームを一緒にプレイしてくれる奇特な友人などいるだろうか。まず絶無といっても過言ではない状況下、「これは!」という旅行ツアーを発見しちゃいました。

『ボードゲームin河口湖』! 見知らぬボードゲームファンが集い、大人の修学旅行チックな雰囲気のなか様々なボードゲームを遊び倒す!! そんな素敵なイベントが催されるという。早速、主催者にコンタクトをとったところ、某ボードゲーム愛好サークルの会合に飛び入り参加する事に。その魅力について、インストラクターの前澤宏樹氏からレクチャーを受けてきました。

「今、世界的にボードゲームが盛んな国はドイツなんです。ボードゲーム=ドイツゲームという図式が成立するほどで、毎年、数百ものゲームが発売されてます。特に人気なのは『カタン』と呼ばれる無人島を開拓していくゲームですね」(前澤氏)

なるほど。ドイツのゲームは世界一ィィィ!ということですか(笑)。ではズバリ、ボードゲームの魅力とは?

「独特な世界観と物語性。そして交渉術でしょうか。カード交換とか、相手と積極的に関わるゲームが多いので、仕事での交渉力アップに繋がるかもしれませんよ。ちょっと『カタン』をプレイしてみましょう」

と丁寧にルールを教えてもらいながら、ひとまずやってみた。初対面の相手とやってもオモロイの?…という不安もあったが、いつのまにやらすっかり熱中! 終了するころには、まるで旧知の仲のような関係に。スゲェ。ボードゲーム、なめてました。これは本気でオススメです!!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト