大自然系から屋台風まで

夏だ! ビールだ!ビアガーデンだ!!

2006.06.15 THU

うっとうしい梅雨が明けると、いよいよ夏本番。夏といえば、海、花火、そしてやっぱり、生ビールでしょ! なかでも開放的な雰囲気でビールが飲めるビアガーデンは、ビジネスマンのオアシスですよね。

昔は、ビアガーデンといえば屋上が定番でしたが、最近では「絶景を楽しめる」「料理やビールにこだわりがある」「ショーが観賞できる」など実にさまざま。さぁ、本格的な夏を迎える前に、人気ビアガーデンと楽しみ方をチェックしときましょう。

ここ最近、増えているのが緑の中でビールが飲める大自然系ビアガーデン。高尾山にある「高尾山ビアマウント」は、まずケーブルカーに乗り海抜500mの高みへ。眼下に広がる夜景と心地よい風の中でビールを飲むことができます。夕方のオープンと同時に訪れれば、幻想的なサンセットが見られるかも。また、女性に人気が高いのはアジアン屋台風ビアガーデン。新宿ルミネエストにある「新宿夜市」は、台湾屋台の雰囲気と料理が好評。料理は大根餅やチマキなどのバイキングに加え、鉄板などを使い目の前で調理してくれるというパフォーマンスも。また、新橋駅の目の前にある「汐留ガーデン」では、毎日開催されるユニークなショーやイリュージョンが名物。目の前で繰り広げられる華やかなショーに、一日の疲れも忘れてしまいそう!

さらに『知識ゼロからのビール入門』(幻冬舎)の著者で『ザ・ビア&パブ』の編集長もつとめる藤原ヒロユキさんにビアガーデンを楽しむ裏ワザを聞きました。
「実は、手ぬぐいを持っていくと便利なんです。野外だし、テーブルやイスが汚れていたら気分よく楽しめないじゃないですか。ハンカチだと小さいし、手ぬぐいがほどよいんです」(藤原さん)

なるほど。虫除けスプレーなんかも持っていくと、もう準備OKですね。

すでに営業を開始しているところも多いので、今日あたり、みんなを誘って行ってみては?

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト