蒸し熱い夏こそ、熟睡したい

夏の寝苦しさを解消してくれる睡眠グッズたち

2006.06.22 THU

寝苦しい夏がやってくる。寝つきも悪くなるし、夜中に何度も起きてしまう日も増えるだろう。ちゃんと睡眠を取れないと疲れが抜けないので、夏バテになる危険も大だ。そこで深~い眠りに誘ってくれる快眠グッズをリサーチしてみることに。

まずは、グミ枕とよばれる「ジェルトロンピロー」。これは新感覚素材「ジェルトロン」を使った枕で、頭の形に合わせて、自由自在に形を変えることができるのだ。なんでも、うっかりメガネやイヤホンをしたまま寝たって大丈夫なほど圧力吸収に優れているんだとか。
「従来の低反発まくらではカバーできなかった、寝返りで生じる“ねじれ”の圧力を柔軟に吸収します。グミ枕とは、五感のうちの“触覚”を徹底的に、リラックスさせる枕なのです」(生命体睡眠環境開発研究所代表・田中啓介氏)

そもそも睡眠には2タイプあり、レム睡眠という“浅い眠り”と、ノンレム睡眠という“深い睡眠”を、約90分間の周期で一晩に数回繰り返している。このノンレム睡眠を“しっかり長く”とることが、睡眠の満足度に大きく関係するのだ。そしてこのノンレム睡眠を長くする効果がある成分として、最近トマトを発酵させて造ったトマト酢が注目を浴びている。

そこでご紹介したいのが、快適生活サポート飲料「グッスミン」(ライオン)だ。実は、主な成分としてトマト酢を配合している。さらに気持ちをリラックスさせてくれるGABAも含まれているのだ。就寝前に飲めば短い睡眠時間ですっきりと起きられるという嬉しい効果が期待できそう。だから、忙しくて睡眠時間を取れない人にぜひおススメしたい商品だ。

20代男性社会人の75%が“平日は睡眠不足”と感じているという調査結果もあるほど、僕らは慢性的な睡眠不足。寝苦しい夏こそ、快眠グッズで睡眠不足を解消しようではないか!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト