滅多に見られない貴重な“証拠”ばかり

天狗や河童に会える「化け物展」の見所はここだ!!

2006.10.26 THU

その昔、日本には「化け物」がいた…。いや、マジで。

だって皆さん、その“証拠”が今も残っているんですから、こりゃ否定しきれないわけじゃない?

ウソだと思ってるそこのアナタ、上野までちょいと足を延ばしてごらんなさいよ。天狗に人魚、河童などなど。日本各地に今も伝わる、「化け物」たちの痕跡を一堂に集めた初めての展覧会、『化け物の文化誌』が現在、上野の国立科学博物館で開催中なんですから。というわけで、開催初日からバッチリと「化け物」詣でに参じたワタクシが、見所をチラッと紹介しちゃいましょう。

会場に入ると、まずは本展の目玉「人魚のミイラ」がお出迎え。ヒカラびてるとはいえ、往年を忍ばせる獰猛な面構えは健在。思ったよりは小柄だったものの、倒せば経験値50~60ポイントは堅い…という印象でした。ちなみに、その“正体”について、居合わせた館員の方に質問してみたところ、「現在調査中で、ハッキリとしたことは言えないのですが、おそらくは…(後略)」

とのお返事。開催中に結果を出す、とのことなので、この記事が出るころには、きっと真相がわかるはずですヨ。ちなみに人魚以外にも、実物の展示で人だかりがしていたのは、やはり“干物系”。ちゃんと羽根が残っている「天狗のミイラ」や「河童の手(の骨)」に交じり、“薬として飲まれていた”という人間のミイラ(の破片)がさり気なく置かれていたのには、いささかドキドキしてしまいました。このほか、天狗が残した湯呑茶碗といった関連アイテムに加え、資料系も充実。なによりもグッときたのが、本展のコンセプトでもある、寺田寅彦氏(物理学者/随筆家)が残した、

「科学の目的は、実に化け物を捜し出すことなのである(『化け物の進化』より)」

という名言。「化け物」をただの迷信として無視するのではなく、まずはその情報を集めしっかり究明することが大切、という科学の精神は、ビジネスにも通じるものがあるんじゃないでしょうか?


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト