あまり知られてないけど意外にスゴい!

一輪車の女王、吉澤千春さんの超絶演技に魅了されてきた!

2007.03.01 THU



撮影/和氣淳
一輪車って乗ったことあります?よくテレビなんかで、小学生がダーッと一輪車で走っている映像を流してますよね。あれは小学3・4年生で一輪車の実習をするように文部科学省が推奨しているから、なんだとか。

しかし、一輪車競技にはプロがいない。一流選手ともなるとその演技には高いパフォーマンス性があり、もっと注目されていいはずなのだが大学生ぐらいで指導者に転身、引退する選手が少なくないのだ。そんななか、26歳になっても現役トッププレーヤーとして君臨しているのが吉澤千春さん。吉澤さんは、中学3年生で一輪車の日本一になり、その後も03年の世界大会で2位、05年には再び日本一に輝くなど、まさに「一輪車の女王」と言える存在なのだ。

さて、では吉澤さんの超絶演技はいかなるものか、そして一輪車に乗れるようになりた~い! と練習場にお伺いしてきました。吉澤さんに手ほどきを受けながら30分ほどサドルにまたがったものの、何度トライしてみてもコケるばかり…。漕ぐことすらできないんですけど~。

「一輪車を乗りこなすにはバランス感覚や体の柔軟性が非常に大切です。私は小学2年生から始めましたが、すぐ乗りこなすことはできないと思いますよ」(吉澤さん)

何度も一輪車を倒しては地べたに這いつくばるボクの横で、吉澤さんはトルネードやスピン&ピルエットといった技を披露。その演技は、一見するとフィギュアスケートに近く、スゴ技の数々に圧倒されるばかり。一輪車の技はまだ進化していて、吉澤さんは新技の練習中なのだとか。

「一輪車はまだ競技人口が少ないんですが、06年には選手会を結成するなど、メジャー化に向けた動きもあります。有望な若い選手もいますし、私も頑張りますので、応援してください」(吉澤さん)

一輪車競技は、実際に目にすると、かなり奥深い。日本一輪車協会公式サイト(http://jua-web.org/)では、一部映像を見られるので、要チェックだ。


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト