使い分けの基準ってあるの!?

外国人の「姓」と「名」の間に入る「・」と「=」はどう違う?

2007.05.10 THU



イラスト:後藤亮平/BLOCKBUSTER
「ヴァスコ・ダ・ガマ」「ヴァスコ=ダ=ガマ」「ヴァスコ=ダ・ガマ」。…のっけから連呼してますが、選挙演説ではありません。外国人の姓と名の間に打ってある「・」(中黒)と「=」(ダブルハイフン)の符号。あれってどういう使い分けなんでしょうか? 些細な問題ですが、気になってしまったが最後。各地で聞き込み調査をしてきました!

まずは、毎日新聞社に質問してみると…。

「毎日新聞は『・』で統一しています」

さすがは新聞。即答です。しかし、2つの違いは解明されず…。次は世界史の教科書でおなじみの山川出版に聞いてみました。

「原則はないですが、最近は『=』が多いですね。『・』は『フランス・ドイツ』など、言葉を並列させるときに使うので、読者の混同を避けるという意味もあります」

新聞とは逆ですが、確かに納得な部分も…。英米演劇の翻訳をされている、早稲田大学の水谷八也教授にも質問してみました。

「基本的に『・』ですが、Jean-Paul Sartre(ジャン=ポール・サルトル)のように『-』(ハイフン)がある場合、長音符号と区別して『=』を使う傾向があると思います」

なるほど。少しずつ光が差してまいりました。最後は国だ! というわけで、国立国語研究所に質問してみました。

「この問題に関しては、『外来語の表記』として平成3年に内閣総理大臣(当時は海部総理)から告示が出ていまして、これが表記のよりどころとなっています」

つ、ついに謎が解明されるときが! 神妙な面持ちでその告示をのぞいてみると…。

「…(中略)複合した語であることを示すための、つなぎの符号の用い方については、それぞれの分野の慣用に従うものとし、ここでは取決めを行わない。【例】ケース・バイ・ケース マルコ=ポーロ etc、…」

チーン。総理が言ってんだから結局どっちでもいいんですね。つまり回答した方々はみな正解ってわけ。まさにケース・バイ・ケース! さすが総理、シャレも効いてますね…。


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト