いまや「ギザカワユス」もデコメに!?

なぜ女子はメールに凝るのか?デコメにみるオトメゴコロ入門

2007.10.04 THU

女の子から時々、にぎやかなメールが届いたりしません? このちょっと騒がしいメールの正体は、デコレーションしたメール、略して「デコメ」と呼ばれるもの。モバイル広告代理店のアップデイトが運営するリサーチ機関「MMD研究所」によると、女性デコメ利用者は約7割(「デコメールに関する利用動向調査」)。女の子はそんなに使ってるの? 「デコメ★コレクション」を運営するアイフリークの広報担当、福島恵依さんを直撃!

「20代前半までの女性には手書き風のパーツが、20代後半には、子どもっぽくないキャラクターものや、『キラキラ系』と呼ばれるネイルアートのようなパーツが人気です。絵文字のように使える『デコメ絵文字』は年代を問わず人気がありますね」

デコメにも「流行」ってあるんですか?

「ありますよ。最初は背景、イラスト、文字色がセットになった“フレーム”が主流でした。最近は、イラストや絵文字をパーツごとにダウンロードし、それを組み合わせるのが流行しています。また、20代の女性は、サイトの中でデコメ素材を自作できるツールもよく利用しているようですね。自分や彼氏の名前、仲間内で流行っている言葉を入力してパーツを作ることもあります。多いのは『ギザカワユス』とか(笑)。他にも、紙に書いたフレームをデコメ素材にできるツールもあります」(同)

デコメのオリジナル化が進んでいる、と。

「同じ相手には、同じフレームやパーツを繰り返し使うことはないようです。友人や知人に会うとき、前回と違う洋服を選ぶような感覚なのでしょうね」(同)

ほら、中学生のころ、女子って同じ相手に同じ便せん、使わなかったでしょ? デコメでもまったく同じなのだ。ただ、これは相手を意識してというより、自己満足度なのかも。「アイツ、毎回違うデコメ送ってくるけど、俺に気がある?」なんて、過剰な期待に胸を膨らませない方がいいのかもよ。


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト