そういえば気軽に使ってるけど…

SとかMとか○○フェチとか人はなんで言いたがるの?

2007.12.20 THU

清純そうなアイドルが、TVのトーク番組で「私Sなんですよ~☆」なんてさらっと言っちゃう昨今。日常会話のなかでも、「自分ドMっスから!」とか耳にする機会がずいぶん増えたけど…人はなぜ“SかMか”を語りたがるようになったのか? 性科学に詳しい精神科医の針間克己先生に聞いてみた。

「サディズムとは“性的快楽を得るために、何かを虐待する加虐嗜好”であり、マゾヒズムは“辱めを受けたり、自らを傷つけて性的快楽を得る被虐嗜好”ですが、最近では単に人格の特性を表す一般語として使われていますね」

確かに、本当にSM的な嗜好を持っている実践派は多くないと思いますが…。

「人間関係において“平等”を保つのは難しいのですが、支配と従属という形で役割をハッキリさせると、安定して維持しやすくなります。漫才のボケとツッコミのように、各人が自分の特性を明確にすることで社会的な役割分担ができ、人間関係が円滑になる効果はあるといえるでしょうね」

では、いろいろな趣味や嗜好を“○○フェチ”と表現したがるのは?

「フェティシズムとは、本来は生命のない物品に対して強い性的嗜好を持つことを意味します。たとえば、過去にハイヒールにまつわる性的な出来事を経験した人が、ハイヒールを見るだけで興奮する…といったようなケースですね。そのモノの背景にある個人的な幻想に性的な快楽を見いだすのが、フェティシズムの基本的な仕組みなんです」

性的嗜好の表現以外に使うのは間違い?

「性愛に直結しない要素に快楽を感じる傾向は、人間なら誰でも多少は持っています。本来の語義からは外れますが、より広い範囲の快楽を表現する一般語に意味が拡大されたと考えるべきでしょうね」

性愛的な意味が薄れたからこそ、会話を盛り上げるスパイスとして面白がられているというワケか。


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト