ゴルゴ13はR25世代!?

あのマンガキャラを調べたら意外にも僕らと同年代だった!

2008.01.10 THU

『美味しんぼ』の単行本100巻達成を勝手に記念して、1巻から読み返したところ驚きの事実に遭遇! 主人公の山岡士郎は東西新聞社創立100周年記念事業「究極のメニュー」を27歳にして担当していたのだ。社運をかけた一大プロジェクトを僕らと変わらない若者が…。これは面白い。ということで、マンガ喫茶にこもり今までに読んだマンガを再読。主人公の年齢に注目して、R25世代のころになにをしていたか調べてみた。

まずはサラリーマンつながりで島耕作。今では専務の島耕作は29歳で主任、34歳で課長に昇進。重役を狙っているビジネスマンのみなさん、この年齢と役職をベンチマークにしてみては。同じくサラリーマンで『サザエさん』のマスオさん。番組ホームページでは28歳だが、それにしては風格があるというか落ち着いている。ちなみにサザエさんは24歳。こっちのほうが驚きかも。

次は公務員。ルパン三世を追いかける銭形警部。原作と同じ双葉社刊『ルパン三世研究報告書』に掲載されているICPOの身分証明書には1938年12月25日生まれとある。ということは1967年の連載当時は29歳。ちなみにルパンの年齢設定は20~25歳だとか。二人とも老けすぎだ。

ここからは専門職。無免許医であるブラックジャックの作中年齢は30歳前後。ピノコの手術を行ったのが28歳頃となっている。普通は大学で6年学び、2年の研修医期間を経て26歳くらいでスタートラインに立つ。28歳にして一人で外科手術を執刀するとはすごい才能だ。次はゴルゴ13。なんとデューク東郷もああ見えて僕らと同世代らしい。生年月日は不詳なのだが、39巻ではアメリカ国防情報局の情報で28~32歳くらいとの記述が。落ち着きすぎだろう、おい。

調べてみると、みんな自分と同世代とは思えない活躍ぶり。でも、読んでいてなんだか親近感が。マンガを読むときにはあまり気にしない主人公の年齢。もしも自分と同じ年だったりすると、より面白く読めるかもしれません。


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト