ただリンクを踏むだけ

同じ買い方で得をするネット通販"チリつも"テクとは?

2007.10.19 FRI


リンクを踏むだけ、と思わず「ちゃんとポイントが付くのか」心配してしまうほど簡単な仕組み。だいたいネット通販の場合は、買い物から数カ月後にポイントが付与される
本やCDは当然のこと、昔では考えられないようなものまでネット通販で買っている昨今。だってデジタル機器なんか、家電量販店で買うより安いことがあるんだもの。何かを買う前には、楽天市場やYahoo!ショッピング、Amazonなど大手通販サイトで事前に値段をチェックする人も多いのでは?

ただ、ちょっと待ってください。

もしかしてもしかすると、パソコンのインターネットブラウザのブックマークから、好きな通販サイトに飛んで、そのまま普通に買ってたりします?

そうですか。それだとちょっと損してますわ!

「通販サイトで買い物する場合は『ポイントサイト(お小遣いサイト)』にある、通販サイトのリンクから飛んで行った方が、ポイントも貯まって絶対にお得ですよ」とはポイント&マイレージサービスに詳しいポイントアナリストの中島丈晴さん。

ポイントサイトとは、会員制で独自のポイントサービスを提供するサイト。ネット通販で買い物するつどに、会員登録したポイントサイトを経由するだけで、電子マネーなどに交換できるポイントが貯まるのだとか。もちろん楽天ポイントやAmazonポイントなど各通販サイトのポイントとは別枠で。

しかしこれ、どういう仕組みなんでしょうか?

「ネット通販の場合は、基本的にアフィリエイト広告と同じ仕組みです。アフィリエイトとは、ホームページやブログ運営者が通販サイトのバナーやリンクを張り、訪れた人がそのリンクを経由して通販サイトで買い物すると、リンク元の運営者に売り上げの数%が報酬として支払われる広告モデル。ポイントサイトでは、その報酬の一部を、商品を買った人、つまりポイントサイト会員に還元しているのです」

なるほどなるほど。紹介料を内輪で分けてる感じ?

「買い物だけではなく、Webサービスの無料会員登録や、メルマガ購読、バナークリック、ゲーム、はたまたアンケートへの回答、CM視聴、商品レビューなどでもポイントが貯まります。ただひとつのポイントサイトに全てのコンテンツがあるわけではなく、それぞれ得意分野があるようです」

ちなみに貯まったポイントは、電子マネーのほか、通販サイトの商品券、銀行口座への現金振り込み、オリジナルグッズなど様々なものに交換できる(一部手数料がかかる場合もある)。

しかしポイントサイトをざっと調べてみると、ものすごい数なんですが、どれがオススメでしょうか?

「まずは提携企業数が800社以上と最も多い『ネットマイル』から始めてみるといいかもしれませんね。ネットマイルから交換できるサービスも一番多いですし、一部通販サイトではそのままネットマイル(ポイント)で支払えるサイトもあります。いずれも選択肢が多いので、『ポイントが使える場所がない』ということが少ないですね。ここでポイントサイトの仕組みがわかったら、今度はポイントの還元率や、よく使うサイトを調べて、ご自身に一番あったサイトを探せばいいでしょう」

というわけで今まで漫然と買い物していた人も、ポイントサイトを賢く利用して得しちゃいますか?

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト