他人の体臭はすぐ分かるのに

どうして自分のにおいは自分で嗅ぎ分けられないの?

2008.04.10 THU



撮影/吉田敬
徹夜の多いライター稼業。そのまま翌日の朝から打ち合わせなんてことも多々あります。そんなある日の打ち合わせで相手の編集者がしかめっ面。おまけに彼の声が鼻声にまさかボク、におってます? 聞けば、どうやら結構な男子スメルを放出していた様子。それは失礼を。

ところで、なんで自分のにおいって自分じゃ分からないんでしょう?

「それは、嗅覚が五感の中でもっとも順応しやすい感覚だからです」(カルモア・臭気判定士・神谷和彦さん)

お風呂で熱いお湯に入った時、我慢すればだんだん皮膚が慣れていくように、強いにおいに対して鼻はすぐに慣れ、感じなくなるんだとか。でもどうして?

「ひとつは、悪臭によって引き起こされるストレスを軽減するため。またもうひとつは原始的な理由ですね。ひとつのにおいに気を取られていると、ほかのにおいに鈍感になってしまいます。においに慣れて感じなくなることで、ほかのにおいを感じられるようになります。つまり危険を予測することにつながるのです。これは自然界において生命に関わる重要な機能です」(同)

においに慣れて感じなくなるのは、生存本能のようなものなんですね。自分の部屋はそうでもないのに、他人の部屋ではにおいを感じるのも、そのにおいにまだ順応してないからなんだとか。さらに別のにおいの専門家に話を伺うと。

「特に、幼いころから親しんでいるにおいに関しては、大人になっても不快に感じない傾向があります。逆に、親しんでないにおいを悪臭と感じます」(体臭の専門医・五味クリニック院長・五味常明さん)

ははぁ、自分の体臭をあまり不快に感じないのは、生まれてこの方、長年慣れ親しんでいるにおいだからなんですね。

自分じゃ親しみを感じてても他人からするとくさいと思われたり。体臭ケアはエチケット。できるだけ気をつけましょ。


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト