2人だけの秘密の通信回線!?

“双生児”にはお互いだけに通じるテレパシー的能力があるの?

2008.04.25 FRI


ものすごく気があうことで知られるザ・たっちの二人の見分け方のポイントは目元。左目の下にほくろが3つ並んでるのが弟のかずや氏(右)、そうじゃないのが兄のたくや氏(左)です 写真協力/ホリプロコム
双生児、それはミステリアスな存在。いろいろな分野で活躍している一卵性双生児の双子を見ると、何だか特別な絆を感じる。そして何より、彼らは似ている。外見はもちろん、しゃべることまでぴったりシンクロしたりする。果たして、双子ってどこまで似ているの?

中野区にある東京大学教育学部附属中等教育学校では、1948年から教育の研究を目的として双生児を積極的に受け入れている。同校で多くの生徒を指導しながら研究活動を行っている福島昌子先生に話を聞いてみた。

「双子が似る要因には遺伝と環境がありますが、完全に同じ遺伝情報を持って生まれ、同じ家庭環境で育った一卵性双生児は、顔形や体格などの身体面だけでなく、学力やスポーツなどの能力面でも、かなりの割合で相似する傾向があります。脳科学からのアプローチによると、一卵性双生児は性格や記憶を司る大脳の前頭領域を中心とした皮質構造や質量が同じになるという報告もあり、普通の兄弟が似るよりもずっと同じに近い存在であるといえます」

お互いを自分の鏡のように見ながら一緒に育てば、確かに似るでしょうね。

「双子の同一性がもっとも強いのは幼少期です。常に一緒に考え、行動することで物事に対処する習慣が付いているケースが多く、お互いを一番のパートナー兼ライバルとして強く意識しあっています。その後、思春期になってそれぞれが個別に外界との関わりを持つようになると、次第に独自の個性が確立されていきます。ただ、こうした成長過程の順序そのものは、一般の人と何ら変わりありません」

なるほど。でも、双子同士って大人になっても深く通じあっている感じがする。テレパシー的な感覚というか、独自企画の通信回線があって、お互いの気持ちが分かったりするのだろうか? シンクロ芸で有名な双子芸人、ザ・たっちのお二人に実際のところを聞いてみた。

「テレパシーだとは思いませんけど、お互いが考えてることはだいたいわかります。いま嘘ついてるなーとか、何が食べたいんだろうなーとか。あと、デパートや遊園地なんかではぐれても、相手がどこにいるか分かりますね。自分だったらどこに行くか何となく考えながら歩くと、すぐ会えるんです」

うーん、テレパシーというより、一種の思いやりの力なのかも。福島先生によると、卒業していく双子生徒のほとんどが、「生まれ変わってもまた双子になりたい」と答えるとか。そこまでかけがえのない存在がいるって、正直うらやましい気がします。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト