吹き替え版のニーズが急上昇!?

洋画の「字幕」と「吹き替え」キミはどっちで見る派?

2008.05.22 THU

先週末。たまには家でのんびり映画でも見るかと話題作のDVDを借りてきてフト考えた。この作品、「字幕」と「吹き替え」どっちで見るべき? なんとなく大人向け=字幕版のイメージだけど、吹き替え版なら他のことをしながらでも見られるし、楽だよなあ。モノは試しと両方を見比べてみると、冒頭からセリフが違う。これは一体なぜ!? 映画の配給からDVD販売まで行うソニー・ピクチャーズ エンタテインメントのDVD制作担当者に聞いてみた。

「そもそも字幕と吹き替えでは翻訳者が違うケースが多いんですが、字幕には可読性を考慮し、セリフ1秒に対して4文字までという基本ルールがあります。そのため、決められた字数内で違和感なく読めるように、情報を要約する必要があるんです。セリフ内容のどこを削るか、どう短くまとめるかという点では翻訳者の腕の見せ所ですが、映画全体のセリフのうち60%~70%も表現できれば良い方なんです」

なんと。オリジナルに近いと思っていた字幕版に、それほどの制約があったとは。

「その点、吹き替え版は元の俳優の声は聞けませんが、原文のセリフを細かいニュアンスまで表現できます。最近では、吹き替えが主流な海外ドラマ人気の影響もあってか、吹き替え版のニーズが非常に高まっているんです。吹き替え用の台本を作り、声優さんをキャスティングして、日本語版の演出家も立ててと、制作するにはコストや時間もかかって大変なんですが(笑)」

劇場では字幕版のみだった作品も、DVD化に際して日本語吹き替え音声が追加されるケースが増えているという。

「オリジナルの雰囲気を味わえるのは字幕版ですが、固有名詞が多く出てくるコメディ作品は、吹き替え版の方が楽しめるかもしれません。映像にも集中できますしね」

DVDでは、字幕を見ながら同時に吹き替えを聞くこともできる。どうせなら色々な組み合わせを試して、作品を味わい尽くしてみるのもいいかも。


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト