18歳以上でも使えるお得なきっぷ!

「青春18きっぷ」のオススメプラン+裏ワザ!

2008.08.21 THU


夏に駅でよく目にする「青春18きっぷ」のポスター。ところでこの「青春18きっぷ」、名前はよく聞くけど実は使ったことがない人も多いのでは?

この切符は、春・夏・冬に期間限定で発売され、全国のJR線の普通・快速列車に乗り放題というもの。窓口で購入し、1回の使用ごとにスタンプを1つ押してもらう形式で、切符1枚でスタンプ5回まで乗車可能。お値段は1万1500円だが、1回あたり2300円。しかも、1回につき最大24時間乗車可能、途中下車自由、年齢制限なし、というから驚き。さらに、切符は1人で5回使っても、5人で1回を使ってもOK。新幹線で行くのもいいけど、たまには気ままに旅をしたい、という人にはぴったり。

そこで、今回は、毎年「青春18きっぷ」の特集をしている『旅の手帖』編集部(交通新聞社)に、お得な使い方について聞きました!

「オススメは、途中で一部フェリーを使いますが、東京湾一周ルートです。東京駅から総武線で千葉まで行き、内房線に乗り換えて館山へ。温泉に浸かってから浜金谷に戻り、金谷港から東京湾フェリー(片道600円)に乗り久里浜港、横須賀線で久里浜~横須賀、と戻ってくる。千葉駅では駅弁、館山では温泉、浜金谷では海産物が味わえ、また横須賀は渋い飲み屋が多いので1日の締めにはぴったり。日帰りで十分ですし、18きっぷを使えば料金もお得です。また、富士山一周ルートもいいですよ。東京~甲府~下部温泉~富士~熱海~東京、というコースすべて電車で行けます。ワインや温泉も豊富で、山も海も満喫できる。1泊2日でぶらりと行くのもいいですね」

気になった場所で途中下車できるのも醍醐味。目的地まで一直線の旅とは違い、のんびりできるのが魅力だ。

「車と違いお酒を飲めるのも列車のいいところです。1枚で5人まで使えるので、グループでわいわい行くのも面白い。ゆるめに旅を楽しむには最適だと思います」

夏の最後の思い出に、列車で旅に出ては?


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト