片手で作業も夢じゃない!

仕事効率も、グンとUP?片手タイピングのススメ

2008.09.25 THU



イラスト:パパイヤ檸檬
「電話しながらパソコンで検索」「出先でノートパソコンを持ちながら片手でキーボードを叩く」など、片手でスラスラキーボードが打てたら便利なのにと思うとき、ありません?以前は片手で操作できるキーボードも販売されていたようだけど、今は入手困難らしい。どうにか普通のキーボードでスムーズに片手タイピングができる方法はないものか。インターネットサイト「増田式! PCキーボードの学校」校長の増田忠士氏に聞いてみた。

「OSに付属されている、文字入力を補助するソフトの設定を変えてしまえば、片手入力がしやすくなりますよ。ウィンドウズの場合は、『IME』という文字入力補助ソフトが必ずついていますので、その設定をカスタマイズします」

Windows Vistaの設定法を説明すると、まず言語バーのツールをクリック。メニューが表示されるので、そこからプロパティをクリックする。プロパティにある全般タブを選び、その中の設定を選択するとローマ字設定タブが出てくるので、そこから既存の設定を一度削除し、カスタマイズするという手順だとか(※OSのバージョンによって異なる場合も)。

「我々のところでは右手で入力するなら、J=あ行・ア段K=か行・イ段など、キーボードの右側にあるキーを主に使うように設定します。両手入力では母音は1打で済みますが、片手入力の場合は子音+母音の、2打押しですべてのカナが成立するように設定するので、あ・い・うと入力するのであれば、J+J・J+K・J+Lと2打ずつ押さなければなりません。要は、ポケベル式で文字入力をするわけです」(同)

普段両手でのローマ字入力に慣れているので、キーの配列とそこに当てはまる文字を覚えるまでは苦戦するが、地道に平がなの入力練習をして覚えてしまえば、簡単に片手タイピングができるようになる。IMEはすぐに元の設定に戻せるので、一度試してみる?


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト