アソコがにおう原因はコレ?

「アポクリン汗腺」のニオイのしくみに迫る!

2008.10.30 THU



写真提供/AFLO
クンクン。毎日入浴前にする服のニオイチェック。洗濯は面倒なので基本洗わない方向で査定しますが、さすがにそうもいかないのが下着。泊まり込みなどで2日間はきこんだ下着はもう次元の違う香りで、ム~ンというニオイが鼻を直撃します。我ながら非常に残念ですが、いったいなぜ、こんなニオイが? 新宿形成外科の岡 和樹院長に伺うと。

「股間が独特のニオイを発するのは、恥垢(陰茎などにたまる垢)と『アポクリン汗腺』から分泌される汗が原因です」

恥垢。とても萎える名前ですね。もうひとつのアポクリン汗腺は、ニオイの強い汗を分泌するのですか?

「いや、汗自体は無臭です。人体には『アポクリン汗腺』と『エクリン汗腺』の2種類の汗腺があり、エクリン汗腺から出る汗は99%以上が水分であるのに対し、アポクリン汗腺からは脂肪酸や鉄分などを含んだ汗が出ます。この汗に含まれる脂肪酸などを栄養として、菌が活性し、排出行為をするとあの独特のニオイが発生するのです」

なるほど。先生いわく、アポクリン汗腺は外耳、乳輪、ワキ、へそ、外陰部、肛門だけにしかないそう。ん? すると股間もワキも汗は同じニオイってこと?

「発汗時のワキと股間は基本的に同じニオイです。ただ、ニオイの強さを決める汗腺の大きさや数は場所によって異なるため、外陰部より汗腺が集中するワキの方がニオイが強いのです。また、ニオイを出す菌は温度や湿度が高いと活性しやすいので、外耳や乳輪より、蒸れやすいワキや外陰部などの方がより強いニオイを放出します」

そうだったのか。ちなみにアポクリン汗腺は遺伝的な器官のため自力の改善は不可能で、ニオイを抑える方法は、入浴や汗のふき取り、制汗スプレーなどしかないそうです。無念。先生は汗も含めて体臭なので、あまり気にする必要はないと言ってくれましたが、体臭が股間クサイだなんて。本当にまわりに申し訳が勃ちません。


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト