白髪の人はハゲにくいらしい

やっぱり老化の始まりなの?白髪のメカニズムに迫る!

2009.02.05 THU

「最近、白髪がチラホラ生えてきちゃって」と男友達の嘆く声。年上好みの私としては魅力的な中年男ロマンス・グレーを目指すのも素敵じゃない? なんて思うけど、そんな言葉はあまり慰めにはならないのかもね。だけど、やっぱり白髪って老化現象? どんなメカニズムで生えるの? 用賀ヒルサイドクリニックの鈴木稚子院長に聞きました。

「髪の毛はもともと色を持っていないもので、毛根の毛母細胞(髪の毛を作る細胞)がメラニンという色素を髪の毛に送り込むことで色がつきます。そのメラニンの量によって髪の色が決まるのですが、白髪はメラニンを送り込む作業がうまくいかなくなることでできてしまいます。体毛の白髪も同じです」(同)

白髪は着色される前の毛の色だったのね! でも、何が原因でメラニンが毛に送り込まれなくなるんですか?

「一番の原因は老化。加齢で毛根の毛母細胞の働き自体が鈍くなってメラニンが行き届かなくなり、白髪になりやすくなります。ほかに、ストレスで頭皮の血行が悪くなり、毛母細胞の働きが弱まることも」(同)

ちなみに若白髪は、メラニンを送り込む力が遺伝的に弱いために起こるとか。ところで、白髪の人はあまりハゲないと聞きますよね?

「どういうわけか白髪は黒髪よりも太く、毛根と皮膚の結びつきがしっかりしているため、白髪の人はハゲにくいんです」(同)

ただ、白髪とハゲの関係は医学的にはまだはっきり解明されていない部分も多いそう。

気になる白髪の予防法ですが、鈴木院長いわく、毛はたんぱく質でできているので肉や魚、豆などのたんぱく質をバランスよく摂り、規則正しい生活を心がけた方がいいとのこと。アミノ酸をサプリメントで摂るのもお勧めですって。髪を黒くするといわれる海藻は白髪を黒くする効果はないみたい。白髪は個人的には大歓迎だけど、嫌ならせめてストレス対策をしてみては?


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト