なぜ、なぜ、なぜ、なぜ、なぜ

「なぜ」は5回繰り返す トヨタ式思考で仕事を乗り切れ

2006.04.01 SAT



写真提供/AFP=時事
子供のころの口癖が「どうして?」だった人、はい挙手。もしかするとあなたは、春から始まる社会人生活をすんなり乗り切れるかもしれません。じつはこの言葉、日本を代表する企業「トヨタ自動車」の躍進を読み解く重要なキーワードなのです。

今年いよいよ自動車生産台数世界一に踊り出そうなトヨタ。その凄さをわかりやすく数字にしてみましょう。国内での乗用車シェアは約50%で、純利益は1兆円オーバー。売上高は17兆円以上で、なんとポルトガルのGDP(国内総生産)に匹敵する額。これだけ数字が大きいと逆にわかりにくいかも。そんな大トヨタだけに、「トヨタ式」を冠する仕事術や経営論の本は世の中にあふれています。そしてその「トヨタ式」の根底にあるのが、「カイゼン」という言葉。トヨタに入社すると、「常に現状に対する問題点を意識して、見つけたらすぐに改善する」という考えを根底に叩きこまれます。そしてその考えに欠かせないのが『なぜ』を5回繰り返す行為なのです。

トヨタ本社の物流管理部長などを経て、現在はものつくり大学教授の田中正知氏はなぜを繰り返す意味をこう語ります。

「例えば風邪をひいて遅刻をしたとしましょう。なぜ風邪をひいたのか→体調管理が悪かった→なぜ体調管理が悪いのか→つい夜遊びをしてしまった→なぜ夜遊びをするのか→誘惑に勝てなかった→なぜ誘惑に勝てないのか→自分の心が弱いから→なぜ心が弱いのか→人生に確固たる目的がないから。このように、なぜを繰り返すことで、自分に起きている現象をしっかりと考えることができる。その結果、自分は腰を据えて何かに取り組む姿勢が足りないという真の原因にたどりつき、本当の問題をカイゼンすることができるんです」

この言葉を覚えておけば、壁にぶち当たっても「なぜ?」の自問自答で問題の本質を理解できるはず。まずは子供のころの口癖「どうして?」を自分自身に向けることから始めてみては。
(コージー林田)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト