疑問解決! つながるコラム

難しいビジネス用語何を押さえておけばいいの?

2010.03.25 THU


先輩にビジネス用語で指示を出されても、内容がよくわからなくて悩むことも…。僕も使いこなせるようになりたいなぁ
会社の先輩と話していると、よく出てくるビジネス用語。難しい言葉を使いこなしている姿はカッコいいですよね。僕も会話の中にサラっとビジネス用語を交ぜていきたいのですが、どれを覚えておけばいいのやら…。すぐに使える簡単なビジネス用語ってどんなものがあるのかな?

非常識なジョーシキ? 入社前に知っておきたいビジネス略語
[「明日の会議はリスケ(=リスケジュールの略。予定時間変更)だよ」。つまり、 会議時間は変更だよ と言っている。次に「キャパ(=キャパシティーの略。許容量、限界)大丈夫?」。これは端的に、 “まだ余裕ある?” という意味。また英語の省略形だと、「次のMtg(=meetingの略。会議、打ち合わせ)は月曜日です」。訳すと “次の会議は月曜日” となる。この略語は会話よりも、メールなどで出くわすことが多い。]

文字ベースで見かけることが多いものはほかに、NRも。これはno returnの略で、 “今日はもう会社に戻りません!”という意味みたい。単語だけ覚えても状況に合った使い方ができないので、言い回しで覚えていくのがコツだとか。先輩がどんなふうに使っているのか、よく聞いておきますか!

ただ、小難しいビジネス用語を使うことで、いやな顔をされたりしないのでしょうか? 何かメリットってあるの?

何のことだかよくわからない…カタカナビジネス用語のスマートな使い方
[「メールや会話にコモディティ(一般化する)デフォルト(標準)など、難しいカタカナ語が出てくると、ちょっと圧倒されますよね。その効果でなんだかデキそうな印象を与えることはできます。ただしなんとなく使っているとすぐにボロが出ますから、きちんと単語の意味を理解したうえで使うことが条件。理解さえしていれば、最初の会話で難しいカタカナ語を使い、相手のレベルや理解度を量ることもできます」(1万人規模のメルマガを50誌以上プロデュースする平野友朗さん)]

デメリットとしては、あまりに使いすぎると嘘っぽい印象を与えてしまったり、仕事ぶりがともなっていないと残念な感じになったり…。いくらカッコいいといっても、知ったかぶりで使うのには用心した方がいいみたい。僕もビジネス用語は慌てず確実に覚えていこっと。

とはいえ、上司や仕事相手は容赦なくビジネス用語を使ってくるものです。そういえば、知らない単語が出てきたとき、僕ってどんなふうに対応してたっけ…?

----------<引用>---------------------------------------------------
AM 11:00 会議中
先輩たちにまざって会議に参加。むむ、なんだか知らない単語のオンパレードだぞ…?

webR25『きみの仕事リズムは何タイプ?』より
 ※この記事は掲載終了致しました
-------------------------------------------------------------------------

そういえば、知らない単語は後で意味を調べようとノートのすみにメモしていたんだった。いま読み返してみると結構な量だけど、調べ直して先輩たちのような“デキる男”を目指すとしますか!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト