日常に潜む仕草のモテポイントを解説!

それはタクトである。場と相手を完璧に制御する 身ぶり手ぶりでモテる

2011.01.27 THU

モテリーマン

身ぶり手ぶりを完全に使いこなすのがモテリーマン。実際、これはあまりに無駄遣いされている。両手で四角い形を作りながら、昼間食べたラーメンの話。まったく意味がない。身ぶり手ぶりは、マエストロのタクトである。トークの場の話題とリンクしつつ、目の前のOLちゃんという名のオーケストラを指揮するための重要なアイテムなのだ。ただし、あくまでもさりげなく、潜在意識に訴えかけることが大切。たとえば、両手でフレームを作って、その中に彼女を収める〈キシン〉。女性の「他人に見られるとキレイになる」性質をうまく引き出し、彼女のテンションを上げていくのだ。あるいは〈フォックスハウンド〉。左手を狐、右手を猟犬に見立て、彼女を追い詰めるワイルドな俺を演出。受身っぽい彼女はこの「手」で、チェックメイト! 逆に女王様気質の女性に対しては、〈トリコ〉。両手首を近づけて、指先を上向きに…つまり虜、である。「アナタに服従します」の姿勢で自尊心をくすぐるのだ。

※フリーマガジンR25 36号「プチスマートモテリーマン講座」より

  • 〈キシン〉で彼女をフレーミング

    わかりやすくフレームを固定しないこと。なんとなく「見られてる感」が伝わればよい。会話の端々に「いいねー」「いいよー」を忍ばせれば、彼女の女優度もぐんぐんアップ。キレイになることを厭う女性はいない
  • 〈フォックスハウンド〉で追い詰めろ!

    受身な彼女は、左手の狐に自らを仮託する。「ああアタシ追われてる感」を得て、居心地よくなるのだ。コレをさらに突き詰めたのが<ラジコン>。両手はコントローラーの形。一気に彼女をたぐり寄せたいときは<フィッシング>。リールを巻き上げる形
  • あなたの〈トリコ〉、言うこと聞きます

    それはまさに恋の手錠をかけられた男。身動き取れない状態で、強気な彼女に従っていく俺を演出するのだ。いや、もちろんキミが、とらわれるのが苦手ならばおすすめはしないけれど…
それはタクトである。場と相手を完璧に制御する 身ぶり手ぶりでモテる

武田篤典(steam)=文
text ATSUNORI TAKEDA
Shu-Thang Grafix=絵
illustration SHU-THANG GRAFIX

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト