ビジネスマナー“常識”世論調査

第3回 仕事中にケータイいじり…アリ?

2011.03.01 TUE

ビジネスマナー“常識”世論調査


なんとも釈然としない結果。いじっちゃいけないのは分かっているけど、とはいえしょうがないじゃん!という切実な気持ちが反映されているように感じます 25~59歳の男女300人を対象にしたアンケート。メディアインタラクティブ調べ

仕事中にデスクでケータイをいじってもいいの?



「すみません。ケータイ持ってないんです」「…え!? ホント? な、なんで?」。もはや持っていることが当たり前すぎて、持っていないと驚かれてしまうほど普及している携帯電話。もちろんその用途はプライベートだけではなく、ビジネスシーンでも大活躍。

とはいえ、すべての会社が社用のケータイを支給しているわけではないというのが現状。そういった場合、プライベートのケータイを仕事の電話やメールに利用している人もいるのでは? ただ実際にケータイをいじる姿っていうのは、たとえ業務連絡であれ、どうにもサボっている感が漂ってしまうことも確か。そこで世論調査。仕事中に、デスクでプライベートのケータイをいじるのってアリですか?

25~34歳の男性100人に聞いたアンケートによると、「抵抗がない」と答えた人は全体の約46%だった。

およそ半数という結果を見ても、やはり「いい」のか「悪い」のか、厳密に定義するのは難しい様子。ではマナーとしてはどうなんでしょう?

「マナーとしてはいけませんね」 そう答えてくれたのは、ビジネスマナーに関する数々の著作がある古谷治子さん。

仕事に関する連絡でもダメなんですか?

「会社から貸与されているケータイであれば構いませんが、ご自分のケータイの場合はいけません」

つまり「ケータイをいじる」という行為ではなく、ケータイの出自がプライベートであることが問題ってわけね。サボっているという誤解の根源も、私物ってとこにあるのは間違いないし、外から見たら業務連絡だろうがデートの誘いだろうが一緒ですもんね。

「そもそもプライベートのケータイを社用に使うということ自体が、個人情報・秘匿管理という面からもあってはならないことですよ」

言われてみれば確かにその通り。でもこればっかりは自分だけでどうにかできる問題ではないので、「あいつはいつもケータイいじってる」=「サボってる」なんて誤解される前に、一度会社に相談してみよう。ただどうしてもプライベートのケータイを仕事に使う必要があるときは、「お客さまから電話なので失礼します」など、一言まわりに伝えるのがいいとか。親しい人間関係とは限らない職場という空間であるからこそ「誤解される行動は慎む」、それがマナーの心得です。 ビジネスマナーについて、知りたいこと、気になることがありましたら、右下の投稿ボタンから投稿して下さい。

ビジネスマナー“常識”世論調査の記事一覧はこちら

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト