そういや知らない「アレの値段」

第7回 「ボディーガード」のお値段は?

2011.04.12 TUE

そういや知らない「アレの値段」


寄せ付けなければよいのか、取り押さえて警察に通報するのかなど、警護内容は事前の打ち合わせによって細かく決められるという。(写真はイメージです) 写真提供:株式会社エス・ピー・アイ

「安心」の値段は1時間5000円から??



政治家や著名人の周囲を取り囲む、スーツ姿の頼もしい男たち。テレビや映画ではよく見かける「ボディーガード」を自分で雇ったとしたら、いったいどれくらいの費用がかかるのだろう?

というわけでさっそく調査。そもそも、平凡な一般人がボディーガードなんて雇えるの? と思っている人が多いかもしれないが、個人向けの身辺警護サービスを行っている会社は、探してみると結構あるもの。今回は、そのなかでも東京都公安委員会認定(警護業)を取得し、要人や著名人の警護も多数請け負っている身辺警護会社のエス・ピー・アイさんにお話を伺った。ズバリ、一般人がボディーガードを雇うために必要な費用はおいくら?

「個人向けのボディーガードの場合、弊社では『ローリスク(1時間3500円~)』『ミドルリスク(1時間5000円~)』『ハイリスク(1時間8000円~)』という3段階の基本料金を設定しています。どのコースにすべきかは、事前にお客様の案件をヒアリングしたうえで提案するのですが、だいたいミドルリスクが標準と考えていただければよいでしょう」(エス・ピー・アイ特殊警備部部長 宇津木さん) ちなみに「ミドルリスク」は、現時点で実際に被害にはあっていないが、身辺に心配な要素があると考えられる状態。被害や脅迫があった場合にはハイリスク、思い当たる要素はないが万が一に備えたい場合がローリスクに該当するという。

「ミドルリスクで1時間5000円ですが、最低契約は8時間から。そこに消費税や交通費などの経費が加算されます。また、より確かな身辺警護を行うため、弊社では2人1組での警護をお勧めしています。2人組なら、もしも暴漢に襲われた場合、1人が暴漢を取り押さえている間に、もう1人がお客様を安全な場所へ誘導することができますからね」

一般人の場合、費用の都合などから1人での警護も請け負うケースはある、とのことだが、1人当たり1日4万円、2人で1日8万円+消費税&経費が、ボディーガードを雇うために必要となる標準的な費用と考えておけばよいだろう。この金額、覚えておいて損はないかも。 1日(8時間まで)8万円、という金額をどう捉えるかは人それぞれでしょうが、自分の身を守るお値段として、僕は意外とリーズナブルだなぁ、という感想を持ちましたね。

そういや知らない「アレの値段」の記事一覧はこちら

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト