学歴や経験も大事だけれど…

「ひとがら」で勝負できる転職サービスが登場

2011.09.12 MON


「はたらいく」のCMキャラクターに起用されたバナナマン。また、特設サイトでは、2人が「らいくサービス」をわかるまで説明してくれる丁寧なムービーを見ることができる
転職を考えるときにどうしても気になってしまう、自分の学歴やスキルなど過去の実績。自分の経歴だと転職先の要望を満たしていないのでは…と躊躇してしまったことはないだろうか?

そんな転職市場に新しく登場したのが、総合求人サイト「はたらいく」の新機能「らいくレジュメ」と「らいくボタン」だ。「はたらいく」は、地元で働きたい求職者と、地場の中堅中小企業のベストマッチングを目指し、09年1月にオープンしたサイトだが、この新機能が実に面白い。

まず1つ目の機能「らいくレジュメ」は、履歴書や経歴書では伝えられない“ひとがら”を登録できるサービス。例えば、自分の仕事に対するやる気や将来の夢、失敗談からマイブームなど、性格や価値観を文章と写真で伝えることができる。「でも、そんなこと書いたって、どうせ企業は見てくれないでしょ」 と思うのは大間違い。「はたらいく」の調査によると、求人企業の実に97.4%が、人柄を重視するという結果がでたそうだ。確かに、転職を恋愛にたとえると、ルックスや学歴だけで付き合っても、人柄がマッチしなければ長続きしない。

一方、いくら人柄をアピールしても、自分のどこを企業が評価してくれたのかわからないと不安になる人もいるだろう。それを手助けしてくれるのが、2つ目の新機能「らいくボタン」だ。実は「らいくレジュメ」には『らいく!』ボタンがついており、レジュメに登録された「ひとがら」を読んだ求人企業側が“いいな”という気持ちを登録者に送信できる仕組みになっている。さらに求人企業の情報にも『らいく!』ボタンがついているので、求職者側から“いいな”という気持ちを企業側に示すこともできる。つまり、求人に応募する一歩手前の緩やかなやりとりが可能なのだ。これなら、ちょっと気になる企業へ今までよりも気軽なアプローチができそうだ。

例えばこの機能を使い、自分の人柄が求人企業側からどう思われるか、敢えて未経験の業種に幅広く試してみるのもアリだろう。そうすることで、今まで自覚していなかった自分の思わぬ強みが見つかるかもしれない。

サイトには「らいくレジュメ」の文章作成を手助けしてくれるツールもある。まずは軽い気持ちで登録してみてはいかがだろうか?

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト